フォト

おすすめ本

« 暗闇のダンボール | トップページ | 白いヘッドドレスのアメリ »

2014年6月26日 (木)

「竜との舞踏(2)」

 

ジョージ・R・R・マーティン「竜との舞踏(2)」早川書房

「氷と炎の歌」第5部・3巻本の2冊目。
迫力の歴史ファンタジー巨編です。

この巻では、王都や王族はほとんど出てきません。
太后サーセイの弟ティリオン・ラニスターは謎の騎士に捕らえられ、身元を隠して移動中。
小人と侮られ、思わぬ敵に狙われ、船酔いに悩まされつつも、流転の道を陽気にたくましく生き延びています。

前の王家ターガリエンの遺児デナーリスはミーリーンの女王となっていますが、勢力はこう着状態。
地元の有力貴族と結婚せざるを得なくなります。
デナーリスは心がけの良いけなげな美女なのだが、周りにまともな味方がいない。男を見る目もない?
これで、どうするのか‥

ついに訪れた長い冬。
北の盟主スターク家は滅亡したとみなされていますが、実はほとんど生きています。
まったく別な道をたどっている彼らが、いつかどこかで出会うのか?
体が不自由な跡取りの少年ブランは大男ホーダーと共に移動し、森の奥深く、滅びつつある民と出会います。

北の<壁>の黒い城(カースル・ブラック)で異形人の襲来を防ごうとしている総帥のジョン・スノウは、スターク家の庶子。
異母妹アリアがとんでもない男ラムジー・ボルトン公と政略結婚させられると聞きますが、家族を捨てた誓いに縛られ、身動きは取れない。
インターフェル城へ進軍したスタニス(ロバート王の弟)は雪に阻まれてしまう。
女祭司メリサンドルは、ジョンの妹が助けを求めているという幻視を見るのですが。

そのアリアというのは‥
別な土地にいるアリアがどうなるか、気になる~! あまり好きじゃないけど、この書き方じゃサンサも気になるじゃないの!

波乱の物語!
とはいえ、進み方が遅い‥
登場人物が長編一作でなく数作分ぐらい多くて世界中に散らばってるので、仕方がないところもありますが‥
でも、プロ作家としては、この1冊の中でどこか一部でも、もっと大きく動かすべきなのでは。伏線らしい動きはあるので~3冊目に期待!
シリーズ全体に読む価値はあるので、読み続けます!けどね☆

« 暗闇のダンボール | トップページ | 白いヘッドドレスのアメリ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「竜との舞踏(2)」:

« 暗闇のダンボール | トップページ | 白いヘッドドレスのアメリ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ