フォト

おすすめ本

« 晴れた朝の窓辺に | トップページ | 白黒で決めるベーシックスさん »

2013年4月10日 (水)

「想いあふれて」

リサ・クレイパス「想いあふれて」原書房

好評のヒストリカル・ロマンスを読んでみました。
ボウ・ストリート三部作の1作目。

19世紀半ばのロンドン。
「ボウ・ストリートの捕り手」のグラント・モーガンは、真冬のテムズ川に女性の死体が上がったとの通報を受けて、現場に。
女性は息を吹き返し、しかもグラントの知った顔でした。
高級娼婦のヴィヴィアン・ローズ・デュバルで、ロンドン一の美貌といわれていたのです。

また襲われるかも知れないというのを口実に自宅へ連れ帰り、手厚く看護することに。
高慢なヴィヴィンアンには、かっての出会いで不名誉な噂を流されたため、グラントは仕返しの機会があるかも知れないと考えたのです。
ところが、ヴィヴィアンは記憶を失っていました。
人が変わったように素直で、思いやりがあり、自分が娼婦だったと知って深いショックを受けた様子。

からかっているのかと疑いつつ、そんなヴィヴィンアンにどうしようもなく惹かれていくグラント。
ヴィヴィアンの書いた手帖を頼りに、付き合った男性に面会していきます。
最初はヴィヴィアンを守るために、噂通り死んだものと思わせておきますが。
犯人をあぶり出すため、一緒に大きなパーティに出ることに…!?

当時の警察官は、治安判事が雇っているもので、身分は不安定。
ボウ・ストリートに治安判事の公邸があったので、ボウ・ストリート・ランナーズと呼ばれていたそう。
青い上着に赤いベストと紺のズボンというのが制服だけど、大男のグラントには似合わないので、着ていない。
他の警官も出来る人はすごくお洒落な格好をしていたり、この時代ならではです。
グラントは大事件で名をあげて評判になり、社交界でも今はとても人気のある存在というのが面白いですね。

描写は細やかで流れが良く、詳しい割に読みやすいです。
惹かれ合いながら~なかなか認めない二人の様子は、ロマンスのお約束☆

« 晴れた朝の窓辺に | トップページ | 白黒で決めるベーシックスさん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「想いあふれて」:

« 晴れた朝の窓辺に | トップページ | 白黒で決めるベーシックスさん »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ