フォト

おすすめ本

« ついて来てよね | トップページ | 「ジェノサイド」 »

2013年2月 1日 (金)

「事件の後はカプチーノ」

クレオ・コイル「事件の後はカプチーノ」ランダムハウス講談社文庫

コクと深みの名推理シリーズ第2作。

クレア・コージーは、カフェハウス・ビレッジブレンドのマネージャー。
オーナーのマダムは、元の姑。
クレアは結婚して十年後に離婚。子育てのために10年も田舎暮らしをしていましたが、マダムの依頼で、マネージャーに復帰。
娘のジョイが、ニューヨークの料理学校に入ったせいもありました。

オーナーが出した条件は、カフェとその上の住居の権利もいくらか貰え、年月と共に比率が増すという契約。
ところがマダムは、息子でクレアの元夫マテオ・アレグロにも同じ条件を提示していたのです。
マテオは珈琲の買い付けに世界各国を飛び回る日々ですが、国へ戻ると間の悪いけんか腰の同居生活になるわけ。

若々しく明るいクレアは、コーヒーを熱愛しています。
一作目で知り合ったマイク・クィン警部補と、ほのかな好意を寄せ合うのですが…?
お互いに真面目で、クィンは上手くいってないとはいえ妻子持ちなので、進展はしない。

娘のジョイがネットで交際相手を探そうとする危うさを心配して、毎度同じ会に入り込むクレア。
ジョイを激怒させるが、実際に危なっかしいのです。
そんなお見合いパーティの一つで知り合ったのが、実に魅力的な男性ブルース。
離婚したブルースは相手を求めて、何度も参加していたらしい。
順調な交際がスタートしますが…?

カフェの常連の女性が、謎の自殺。
クィン警部補は殺人ではないかと怪しみます。
二人目は、自宅のビル屋上から転落死。
三人目は、後ろから押されたのを目撃されていて、ついに殺人事件となりました。
クィン警部補は、ブルースが3人の女性と知り合いだったので、関係しているかも知れないとクレアに警告します。
クレアは愛した男性がそんな人間ではないと信じ、証明しようとするのです。
今回はクィンには頼れないと思ったクレアはマテオに協力を頼み、パーティーに潜入。
それは、とんでもない格好をするパーティだった…

久しぶりに訪れたクレアの恋の行方は…?
事情はぜんぜん違うけど、偶然トゥルーブラッドみたいな面がある恋のエピソード編でした。
離婚の苦いいきさつが前半で出てきますが、後半ではマテオが改心した様子も?
なかなか面白かったです。

« ついて来てよね | トップページ | 「ジェノサイド」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「事件の後はカプチーノ」:

« ついて来てよね | トップページ | 「ジェノサイド」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ