フォト

おすすめ本

« 鰻とろと冷やし蕎麦セット | トップページ | 赤い単衣のバービー »

2012年9月21日 (金)

「知らないと損する 池上彰のお金の学校」

池上彰「知らないと損する 池上彰のお金の学校」朝日選書

経済には弱いので、まずはこれを読んでみました。
知っていることもありましたが、たとえば人に説明するときに、こんな風に明快に定義出来るか?と考えたらなかなか出来ないですよね。

お金とは、そもそも何か?
日本銀行の役割とは。
金融についてのあれこれ。
株式とは。
インフレ、デフレの意味など。
宝くじの倍率や、カジノの経営まで。

一通りのことがわかりやすく書かれていて、入門には最適。
全体を見渡す感覚が出来ます。
ここから興味のある方面について、詳しい勉強をしていけばいいでしょう。

震災後の日本が今、なぜ円高になっているか。
それは他よりまだマシだから。という程度には日本が信頼されている証なんですね。
円高になりすぎないように、日本が調整しようとしても、世界的には自由に任せる考えが主流なので、なかなか協力して貰えない。
アメリカは自分の損になることは絶対にしないという。

また中国の経済は実際どうなのか、違った観点から見ているのも面白かったです。
芸術系の学生にした講義が元になっているそうで~面白い小ネタも時々入ってます。

« 鰻とろと冷やし蕎麦セット | トップページ | 赤い単衣のバービー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「知らないと損する 池上彰のお金の学校」:

« 鰻とろと冷やし蕎麦セット | トップページ | 赤い単衣のバービー »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ