フォト

おすすめ本

« 白いコートとアンブレラ | トップページ | 白いコートとチェックのコート »

2011年2月27日 (日)

「名探偵のコーヒーのいれ方」

クレオ・コイル「名探偵のコーヒーのいれ方」ランダムハウス講談社文庫

コーヒー党ではないんですけど、このヒロインの入れるコーヒーなら~美味しそう!

クレア・コージーは離婚して10年。
ニュージャージーで子育てしていましたが、娘ジョイも巣立って、ニューヨークの料理学校へ入りました。
オーナーで元姑のマダムのたっての依頼で、元いた店のマネージャーとして戻ることにしたクレア。
「ビレッジブレンド」はニューヨークでは老舗で、美味しいコーヒーを飲ませる伝統ある店なのに、最近のマネージャーがとんでもない男で、上手くいかなくなっていたのです。

ところが、クレアは到着そうそうに、店員アナベルが階段から転落しているのを発見。
頼りになると思って抜擢したばかりの~有能な若い女性だったのですが。
しかも、階上には元夫が…?
元夫のマテオは、世界各地を飛び回る有能なコーヒーのバイヤーで、今でもセクシーですが、浮気者だったんですね。
愛娘ジョイの成長に気づかず、子供の頃に好きだった物を買ってくる有様。ジョイの恋人の出現に慌てるマテオがおかしい。

ちょっと素敵な刑事も、登場。
アナベルは、もともとダンサーの学校に通っていて、コーヒー店の仕事はバイトとして始めたもの。
有名なダンス公演の良い役も決まった所だったという。
運動神経のいいアナベルが転んで落ちたとは信じられないクレアは、調査を開始します。
あるいは、ライバルの争いか?と…

軽快なコージー・ミステリです。
表紙イラストの猫は可愛いけど~そこまで子供っぽい印象の話ではないですよ。
ウォルドルフ・ホテルに住む、高齢ながらおしゃれなオーナーのマダムも迫力で、印象的。

« 白いコートとアンブレラ | トップページ | 白いコートとチェックのコート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「名探偵のコーヒーのいれ方」:

« 白いコートとアンブレラ | トップページ | 白いコートとチェックのコート »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ