フォト

おすすめ本

« 新しい服のハッピーサマーさん | トップページ | 「球体の蛇」 »

2010年12月 8日 (水)

「ダージリンは死を招く」

ローラ・チャイルズ「ダージリンは死を招く」ランダムハウス講談社

紅茶が毎回絡んでくるコージー・ミステリです。
紅茶好きなので~前から興味ありました。
豆知識も付いてますよ。

14年間の広告会社勤めの後、紅茶専門店を開いたセオドシア。
巻き毛の美女で体格もよく、なかなかしっかり者のようです。
アメリカ屈指の茶葉鑑定人で初老のドレイトンと、腕の良い若いパティシエールのヘイリーと3人で切り回しています。
ヘイリーの同居人の綺麗な娘ベサミーも、時々手伝いに来ていました。

地元の催しの出張ティーサロンで、最後に残った客が座席で死んでいるのを発見。
発見者のベサミーが疑われます。
不動産開発業者で、嫌われ者だった被害者。
敵はいくらでもいそうなのですが…

サウス・カロライナのチャールストンを舞台に展開するコージー・ミステリの1作目。
書きっぷりにやや素人っぽさもありますが、まずまずの出だし。
地域の雰囲気も何となくのんびりしているし、ちょっと行けば自然がいっぱいという土地柄。
なかなか感じのいい人物設定です。
元キャリアウーマンのヒロインは珍しいかな?
どうしてもお節介なのか?忍び込んだりし始めちゃうのは、どのシリーズにもありますね。

« 新しい服のハッピーサマーさん | トップページ | 「球体の蛇」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ダージリンは死を招く」:

« 新しい服のハッピーサマーさん | トップページ | 「球体の蛇」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ