フォト

おすすめ本

« 後ろ姿3人娘 | トップページ | 「天才たちの値段」 »

2010年10月 7日 (木)

「捜査官ケイト 過去からの挨拶」

ローリー・キング「捜査官ケイト 過去からの挨拶」集英社文庫

主人公ケイト・マーティネリは、サンフランシスコ市警の捜査官。
このシリーズ6年ぶりの新作。

ケイトは、豪邸を手放した同性の恋人のリーとその娘である3歳のノーラと、小さな町に住んでいます。
身近に住む自由な雰囲気の友人達と行き来する~なごやかな暮らしを満喫していました。

ホームズ愛好家のクラブが登場。
被害者フィリップは自宅の一部をアンティークで揃え、ホームズの部屋そっくりにしていたという凝りよう。
ヒロインのケイトはホームズには詳しくないのですが、作者は別シリーズで、ホームズが愛弟子の女性と結婚したという設定のシリーズを書いているので、非常に詳しいわけで。

謎の未発表原稿が出てきて、それを巡って起きたらしい殺人事件を扱うことになります。
その内容は…
1924年に、サンフランシスコを訪れたイギリス人シゲルソン(ホームズが使っていた変名と同じ)が、夜の町を探訪。
ビリー・バードソングという女装の歌手と知り合ったという。
恋人の軍人ジャックから連絡が来なくなった事を心配していたビリーのために、シゲルソンは捜査を始めるのですが?
悲恋が切ない。

原稿の真贋は明らかにされないままですが、別シリーズではホームズは実在人物なので、ドイルではなく彼自身が書いたということなのでしょう。
その原稿にも出てくる性別を偽った結婚の話(こちらは史実らしい)などが、現代の主人公らにも絡んで来ます。

読んでいると~ただ普通に愛し合うカップルというだけで、食事を楽しみ、子供と遊び、普通の行き違いやケンカもあり、なんの違和感もないんだけど。
当人達が回りに認められるのは、至難の業だったことでしょう。
サンフランシスコで同性結婚が公式に認められた、というタイミングのようです。
2007年飜訳発行。

« 後ろ姿3人娘 | トップページ | 「天才たちの値段」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「捜査官ケイト 過去からの挨拶」:

« 後ろ姿3人娘 | トップページ | 「天才たちの値段」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ