フォト

おすすめ本

« 急がなくちゃ、浴衣娘 | トップページ | 「パパはマイナス50点」 »

2010年8月12日 (木)

「新参者」

東野圭吾「新参者」講談社

あべちゃん主演のドラマも、良かったですよね~。
最終回の日に、読みました。
設定の基本は、全く同じです。
各章のオチへ持って行くのを少し捻って、丁寧にねっちりやってましたね。

東京の下町の暮らしぶり、小さなお店を長年やっている人々。
所轄に赴任してきた加賀恭一郎警部補は、新参者といいつつ、穏やかに街に馴染んでいきます。
切れ者と噂の、だがそれにしては出世していないのでした。
丁寧に関係者の事情を追っていくやり方には、信念があるのですが。

マンションの一室で、三井峰子という四十代半ばの女性が殺された。
離婚して、翻訳の仕事を始めたばかり。
誰に聞いても、人に嫌われるような人柄ではなかったのに。
息子の弘毅は、俳優になると言って父と決裂して家を出て、母とも音信不通だった…

「煎餅屋の娘」「料亭の小僧」「瀬戸物屋の嫁」「時計屋の犬」といった章立て。
事件には一見関係ないかも知れないことだけど、少しずつ何かを知っている人々の小さな隠し事が、しだいにはっきりしてゆくのです。
民芸品やはさみの専門店など、日本橋を歩くのは楽しそう。行列の出来る鯛焼き屋さんもね。

小さな謎を解くのにいつも人情のからむ、あったかい筋立てなので、家族でテレビを見ていても大丈夫でした。
ドラマでは、被害者の息子の恋人・青山亜美が雑誌記者で、加賀の知り合いという設定も加え、比重が大きくなっていました。

« 急がなくちゃ、浴衣娘 | トップページ | 「パパはマイナス50点」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「新参者」:

« 急がなくちゃ、浴衣娘 | トップページ | 「パパはマイナス50点」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ