フォト

おすすめ本

« 「人間失格」 | トップページ | 窓からベランダへ »

2010年6月 8日 (火)

抹茶色の単の美冬さん

Vfsh0427うちの美冬さんこと、しらゆきさんのお着替え中。
前の記事の最後で着替え始めた~抹茶色の単(ひとえ)の着物です。

Vfsh0431古布を再現したというシリーズで、オカダヤで購入した端布。
お人形の着物にはサイズがギリギリだったので、細身なんです。
それでも何となく胸元が浮くようなので、綿を入れて補正してみました。
半襟の下に、お化粧用のコットンを入れただけですが~
半襟もオーソドックスな白に変えて、すっきりと。

Vfsh0432「美冬さん、お手伝いします~」
「あ~ら、一実ちゃん!お願いね」
助っ人に一実ちゃん、登場です。
Vfsh0434「この帯、しぶくてカッコイイ~ですね」
「一実ちゃんのも、決まってるじゃない」
性格違いそうだけど~仲良しな二人。
Vfsh0436楽しそうな、しらゆき=美冬さん。
けっこうお茶目キャラ?
一実ちゃんは、白地に紅色の花柄の単。
浴衣兼用というか~ほとんど浴衣…です。
単の着物と浴衣って、仕立ては人間用でもほとんど同じで、布が違うだけ。
お人形用だと、仕立ては全く同じだし~半襟をつければ、着物なのよ~

一実ちゃんのは、あとでまた~たぶん…
この二人の帯、実は、同じ布の違う部分で作った双子帯なんですよ

« 「人間失格」 | トップページ | 窓からベランダへ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 抹茶色の単の美冬さん:

« 「人間失格」 | トップページ | 窓からベランダへ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ