フォト

おすすめ本

« ペアフリーも終わり | トップページ | 今年のチョコレート »

2010年2月18日 (木)

男子SP

男子ショートプログラム、午前中から盛り上がりました。
プルシェンコが復活してレベルアップしてるし、4年前とは日本もレベルが違いますからねえ。

知らない選手やあまり見かけない選手が大勢なので、お国ぶりが際だつのが、オリンピックの楽しい所。
北欧の選手は金髪で長身、いかにもだし~スペインは睫毛ばさばさで南国の色気~ボルジア家もこういう色香があったのかなと思ってしまいました。

プルシェンコいきなりジャンプ飛ぶ飛ぶ~やると思った通り。
腕の動きもスピーディで、シャープな印象の力強いプログラム。
ただスピンやステップは~普通に入れただけ。
前のオリンピックですらそうだったしね。アイスショーでもああだったのかしら??
ある意味、他の選手にとっては、そこが狙い目になって助かったかも?

最年少のカザフスタンの男の子デニス・テン、飾り気無く王子の衣装でも似合いそう。
16歳にしては達者な演技で湧かせました。

その後に登場の高橋君、すでにベテランの雰囲気で存在感が違う。
ジャンプも成功、曲のムードにピッタリの緩急ある踊りを見せて、つややかなオーラを出しまくりました。
日本人には珍しいよね~。演技点5要素ではプルの上ですよ。3位発進。

織田君、のびやかな動きで、表情も前よりも出ていて、堅実な出来。
4位発進。
ちょっと身体が前のめりに斜めになっているシーンが多いのが気になる…身長のせいなのはわかってるけど、振り付けで変化のつけようはもう少しないのかな?
足は長くて膝も柔らかく、着地が綺麗。

小塚君、滑らかなスケーティングで、見ていて気分が良くなりますね。
音楽にぴったり合った身のこなしには天性の勘も感じます。
本人も清潔感があってさわやか。
ただこれ以上、上に行くにはちょっと味は薄めなのね…表情や全身からにじみ出る物がもう少し濃くなるといいなあ。

見るのが一番楽しみだったのはスイスのランビエール。
ジャンプが今ひとつで、5位発進。
でも彼だけの世界の輝きは見せてくれました。
とにかく踊りが上手!芸術家ですよね。フリーで巻き返して欲しいとも思うが、どっちでも彼らしい良さを見せてくれればいいかな~。

ジョニー・ウィアーもなかなかの出来でした。
軽やかでショーアップされて、ウィットに富んだ~彼しかできないプログラム。
表情豊かでチャーミングでした。

ランビエールとジョニー・ウィアーを贔屓にしてると、日本人が活躍するためには他の誰かが失敗してくれないと、ちらっと考えちゃいました。
ジュベールの不調にちょっと罪悪感を覚えたわ~関係ないけど
ジャンプミスにも驚くけど、同じ振り付けでも普段ならもっと発する魅力もあるのにね。

トマシュ・ベルネルはやっちまいました。のびやかで、本来いい物持ってるんだけど…
世界ランキング1位って方が意外なぐらい、好不調の波があるのよね。
大きな大会にはコンスタントに出ているって事かな。

地元カナダのパトリック・チャン、終わって目を見張っていましたね。
端正で品のある伸びやかなスケートなんですが…
珍しいミスが出て。

アボットはどっちかなと思ったら、ジャンプミス。
他はムードある振り付けが生きて良かったんだけど。全米チャンピオンの彼が世界ランキングでは3位。

ライサチェク、しまった、こいつが残ってたわと思わず~~~
強かったです。長身でのノーミスだと迫力があって。
世界ランキング2位だもの、これは納得。

チェコのミハル・ブレジナもなかなか良い出来で、うわっ~どこに食い込んでくるんだろうと思いました。
小塚君を上回らなかったので、正直ほっとしました。
スケーティングスキルが小塚君のほうが上かな>素人目ですが。

男子はみんな入賞するといいなと思っていたので、今のところ願いは叶ってます。
(女子は入賞して当たり前ぐらいなのよ~その分、プレッシャーは大きいと思う)
男子フリーは金曜日です。

« ペアフリーも終わり | トップページ | 今年のチョコレート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男子SP:

« ペアフリーも終わり | トップページ | 今年のチョコレート »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ