フォト

おすすめ本

« 外を見回りに | トップページ | カツ丼と蕎麦のセット »

2009年12月 2日 (水)

「聖女の救済」

東野圭吾「聖女の救済」文藝春秋

ガリレオこと湯川学が探偵役の長篇です。
家のリビングで倒れていた男性・真柴の不審な死。
疑われるのは妻と、愛人。
それとも…?
遠方にいた妻・綾音には、実行できたはずがないのですが…

綾音に好意を抱く刑事・草薙の気持ちが縦糸になっています。
恋というだけではない哀しみ…
わかりやすく、ちゃくちゃくと展開する事実の描写にくわえて、賢い女性のしとやかな雰囲気と秘めた思いが全編にただよっています。
探偵が登場するのは後半ですが、意外な展開を楽しめます。

女性刑事の内海薫が、小説だとドラマの配役とちょっと違って大人っぽい印象だったのが、たまにだぶったり。
もっとも、探偵側の描写は意外に少ないタイプなんですね。
彼女がIpodで福山雅治を聞いているというご愛敬も。
2008年10月、単行本発行。

« 外を見回りに | トップページ | カツ丼と蕎麦のセット »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「聖女の救済」:

« 外を見回りに | トップページ | カツ丼と蕎麦のセット »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ