フォト

おすすめ本

« 「博物館の裏庭で」 | トップページ | トンカツ茶漬け »

2009年7月20日 (月)

茜色の浴衣のフローラ

浴衣を着せたくて~たまらなくなって
去年はバービーさんに夏着物として着せた物です。
まずはフローラさんに。Vfsh8410
サーモンピンクというか茜色というか…
とくに和柄ではないんですが~花模様が輪っかになっていて、なんとなく浴衣っぽいかな、と。
Vfsh8413抹茶パフェと着物バッグという小物は、リーメントの食玩「京都に恋してる」のもの。

帯は木綿のちりめんです。
手鞠の模様はかわいくて、お気に入り。
髪は両脇から少しとってねじり、丸く見えるようにまとめて、あとは長く垂らしています。

Vfsh8420髪を二つに分けて大きくねじり、後ろで重ねた形にきっちり結い直しました。
帯は古布のものに替えました。
形は同じ文庫ですが、ややひきしまって着物っぽい印象になるかしら。

こちらのVfsh8421バッグは手作りです。

着物の色が違って見えるのは、たぶんライティングのせい。
どっちがどうだったのか、忘れましたが…実際の色はこの中間ぐらいかな。

自分が浴衣を着たくてたまらなくなるのは、たいてい夏も後半になってから。
ついチャンスを逃がしちゃうんですよね…

« 「博物館の裏庭で」 | トップページ | トンカツ茶漬け »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茜色の浴衣のフローラ:

« 「博物館の裏庭で」 | トップページ | トンカツ茶漬け »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ