フォト

おすすめ本

« 猫のびる季節 | トップページ | 「ブラック・リスト」 »

2009年7月13日 (月)

「告白」

湊かなえ「告白」双葉社

2009年4月、本屋大賞受賞作。
「このミステリーがすごい!」では、2008年11月までの1年間に発行の本のうち、国内4位に入っています。

中学の終業式の日に、辞任の挨拶を淡々と語り始めた女性教師。
自分の幼い娘が秋に中学のプールで水死したのですが、それが実は殺人だったと。
このクラスに、犯人がいると…
今さら警察に訴えるつもりはないけれど、ある手段をとったと言って、教壇を去るのでした…つまりはそれが復讐?!
それが第一話。

続いて、クラスの女子や犯人たち、その家族など視点を変えていきます。
ややブラックに意地悪く、つぎつぎに事件が展開するのが~なかなか、発想が面白い。
いかにもミステリ的なアイデアに満ちていて、しかも、わかりやすい。
そのあたり、売れっ子になったわけはわかります。
ただ、けっこう後味悪いんですけど~?

有名な事件いくつかについて言及があり、視点の違う発想にちょっとはっとさせられます。
そういうところも、大勢が読んでみて考えるにふさわしい…のかな?

« 猫のびる季節 | トップページ | 「ブラック・リスト」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「告白」:

« 猫のびる季節 | トップページ | 「ブラック・リスト」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ