フォト

おすすめ本

« 窓辺でお昼寝 | トップページ | 「新世界より」 »

2009年6月12日 (金)

「神の家の災い」

ポール・ドハティー「神の家の災い」創元推理文庫

中世ロンドンが舞台の歴史ミステリ。
まじめなアセルスタン修道士と、大酒飲みのクランストン検死官のシリーズ~3作目。

年若い王の叔父が摂政として実権を握る時代。
摂政の開いた宴で、検死官クランストン卿は、主賓のクレモナ公ガレアッツォから挑戦を受ける羽目になります。
ある屋敷の密室で、食事も取らずに4人もの人物が次々に怪死したのは何故か?
期限は2週間。賭け金の千クラウンは払いきれる額ではなく、もし負けたら代わりに払ってくれるという摂政の紐付きのような立場になってしまう?

同じ頃、アセルスタン修道士の小さな教会では、改修中の床下から人骨が発見されたのです。
柩に触れた人の怪我が治ったと、聖人の秘蹟として大騒動になってしまいます。
きまじめなアセルスタンは、怒って見物人を追い出すのですが…

一方、アセルスタンがかって修行したこともある名高い修道院では、海外からの滞在客もある大事な時期に修道士が墜落死、ついでもう一人が行方不明に。
アセルスタンは、調査を依頼されます。
修行中に若気の至りで出奔して十字軍に参加した過去があるアセルスタンを、いまだに白い目で見る人もいる中での調査になります。

三つの難題を抱えて、修道院では緊張の高まる中、みごと謎は解けるのか…?
猥雑な中世のロンドン、クランストン卿には双子が生まれていて、いつもにましてにぎやかな展開。
修道士カドフェルや「薔薇の名前」をちょっと思い出すような要素もありますね。
謎解きの面白さはオーソドックスで、わかりやすいです。

« 窓辺でお昼寝 | トップページ | 「新世界より」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「神の家の災い」:

« 窓辺でお昼寝 | トップページ | 「新世界より」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ