フォト

おすすめ本

« 「故郷から10000光年」 | トップページ | まるまる猫 »

2009年4月30日 (木)

「密謀」

藤沢周平「密謀」新潮社

直江兼続のことを他の作家がどんな風に書いてきたのかな?と。
藤沢周平なら、かたいでしょう!
たしかに手慣れた描写で、安心して読めます。

人物像はそんなに変わりないですね…
兼続はもう大人になっているところから始まるので、立場はしっかりしてます。
妻のお船はちょっとしか出てきません。家付き娘で権高いところもちょっとあるが、まあ上手くいっている夫婦という。
後年になってから会った石田三成とは意気投合するんですね。
渋めですが、満足のいく読後感。
戦国武将の力関係の大きな動きが見えてくる感じがあって、迫力があります。
え~と、やはり時代物は、歴史の流れをこれぐらいは説明してくれないと…

密謀とは地味な題?と思ったけど、三成と挙兵のタイミングを合わせたあたりを指すんでしょうね。
天下に一番直接関わり合った時点ということでしょうか。
他の点でも虚々実々のせめぎ合いが続く~戦国時代ですが。
信長秀吉よりも家康との戦いがクライマックス。
チャンスを待っていた家康の自信満々な感じ、でもそれをそのままにはさせないと思う勢力も意外にあって…激しくせめぎ合うのですが。
関ヶ原の決着で、ずばっと終わります。

脇筋で、越後の隠れ里の草(忍び)達と、流れてきた孤児の兄妹の話が。
妹娘はお船が手元で育て、兄・静四郎を兼続が兵法者に預け、彼らが暗躍するという話になっています。
彼らの恋愛があるけど、兼続本人は落ち着いたもの。
とはいえ頭が切れるだけに野心もないではなかったのに、景勝が望まなかったため、ここまでとなるんですね。
ものすごく口数の少ない景勝がふっと語る一言に趣があって、なかなかいいのです。
この作者の、原作ドラマや映画は何度も見ているけど、考えてみたら本読んでなかったかも…
納得がいく…切ない終わりでした。

« 「故郷から10000光年」 | トップページ | まるまる猫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「密謀」:

« 「故郷から10000光年」 | トップページ | まるまる猫 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ