フォト

おすすめ本

« 女子はSP | トップページ | 夢二の着物・黄色地に小鳥柄 »

2009年3月29日 (日)

女子、終わってみれば

キム・ヨナ、優勝でした。
バランスの良いプログラムで、余裕を持って滑りきっていました。
水際だった出来のSPほどではなかったけど、あの印象が観客にも審判にも残ってたみたいな。
一度ジャンプがすっぽ抜けたけど、他にはミス無し。
昨年と一昨年の世界選手権では調整に失敗したとのことで、2度の銅メダル。今回は体調管理に万全を期したのでしょう。
韓国の世界選手権優勝は初めて!ということなので~涙を流していましたね。
グランプリ・ファイナルは自国開催で期待されてたけど、あの時はそれが裏目に出たのか、冴えなかったしね…連覇って難しいんだなー…
今回はキム・ヨナの顔が可愛く見えました。調子が出ないときには、さえない顔色ですからね…

真央ちゃんは4位。
表彰台に届かないなんて、珍しい!
最初から緊張した顔つきだったのが~ちょっと気になっていました。
プレッシャーがあったのでしょうね。マスコミは騒ぎすぎないよーに!
「ミスをしないように」とインタビューでよく答えていたけど、繰り返して言うなら練習の成果で「ゼッタイ成功する」「プログラムの曲を演じきる」っていうようなイメージの方がポジティヴでよかったかも。

最初のトリプルアクセルは成功してコンビネーションにつなげたのは立派。
ところが2度目のトリプルアクセルで転倒、点数に響きました。
他はそんなに悪い出来というのではなかったんで、昨年は転倒があっても優勝したことを思えば、行けたと思ったんじゃないかな。
ほんの少しなんだけど、微妙に硬さがあったのが、演技力の評価で伸び悩んだのじゃないかしら…
次のシーズンは成長を見せつけるために、腕の動きやつなぎの振り付けに工夫するといいですね。深い感情を経験するのは成長の糧になると思いますよ。

カナダのジョアニー・ロシェット2位。
力強く、どんな細い筋肉のどんな小さな動きもわかっているような的確な動きで、腕を上げてきたなという勢いがありました。
選曲や振り付けも上手いし。
いぜんはどっかでミスをして、なかなか世界選手権では上位になれなかったんだけど。
23歳になって、演技の引き出しもぐっと増え、安定感も増したんですね。

美姫ちゃん、3位!
腕の表情が音楽になりきったかのようで、ノーミスのスケーティングはおみごと。
ジャンプも踊りの一部のような自然な跳び方で、着地も綺麗につながり、全体にとっても、よかった…
フリーだけなら2位の評価ですよ!
昨シーズンは後半に調子を崩しかけていて、世界選手権の朝の練習で怪我という突然の棄権でした。
今回は、気分も体調も落ち着いているようだったので、期待していました。21歳にふさわしい大人の演技でしたね。

5位にアメリカのレイチェル・フラット。
世界選手権は初出場の16歳、健闘しました。
ぽちゃっとした柔軟な身体を生かして、のびのび滑っていました。

6位に、フィンランドのロ-ラ・レピスト。20歳。
ヨーロッパ・チャンピオン。確かに、いいものを持ってる感じなんだけど…
前半ミスがありましたが、後半勢いを盛り返して、滑りきっていました。

7位に、ロシアの新星アレナ・レオノワ。
ついこの間の世界ジュニアのチャンピオンだそうです。18歳。
すこやかな笑顔で、ダイナミックな演技。SP11位からフリー6位で総合7位の躍進。
ロシアは女子の枠が1つで、最近ふるわなかったのですが~そろそろ、出てくる頃?

8位に村主さん。
丁寧で滑らかな演技ですね~。28歳。
ジャンプミスがあった割には、SP9位から総合で1つ上げる確実さは、さすが。
シンプルな美しさがありましたが、彼女ならもっと表情をつけることも出来そう。

9位に、サラ・マイヤー。23歳。
今シーズンはヘルニアに泣いて欠場が多く、ぶっつけ本番のような状態とか。
優雅な雰囲気を醸し出す選手なので、大技がなくとも見ているだけでうっとり。

10位に、エレーネ・ゲデバニシビリ。
ラテン・メドレーでテンポ良く。
スケート選手にしては丸っこいのが愛嬌あって、微笑ましく見てしまいます。国の情勢が厳しいだけに期待されてるんでしょう。
SP8位からはちょっと落ちたけど、実力からして良い結果かな。
今年はジュニアにも出たということは18歳?トリノオリンピックにも出ていたんだけど~出場規定ギリギリの16歳になる頃だったんでしょうね。

11位にアリッサ・シズニー。21歳。
全米チャンピオン。フリーは良い出来みたいだったのに、このへんか。厳しいですね。
12位に、カロリーナ・コストナー。22歳。
これはジャンプがシングルになったのが5回もあって、3回転では転倒とめためた…気の毒でした。
いぜんは崩れやすかったけど、この2年はかなり安定していたのにね。
衣装も綺麗だったのに…
13位はフィンランドのポイキオ。
14位は…読めないわ?(ISUのサイト見て書いてます)

« 女子はSP | トップページ | 夢二の着物・黄色地に小鳥柄 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女子、終わってみれば:

« 女子はSP | トップページ | 夢二の着物・黄色地に小鳥柄 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ