フォト

おすすめ本

« 「赤毛のアンの翻訳物語」 | トップページ | 「こわれた腕輪 ゲド戦記2」 »

2008年9月11日 (木)

ふだん着物にきがえて

Vfsh5747_2momokoさん、ピンクの着物の下には、半襟のついた肌襦袢風の物を着ていたので、それはそのまま、いぜんジェニー用に縫った着物を着せてみました。
ピンクの縮緬から、ぐっと楽な感じに~
あれ?カーペット(がわりのタオルですが)着物と色合い過ぎ?(…あ、しかもブーツはいたまま!?)

Vfsh5750ふ~ちょっと、落ち着くかな…?
洋布の薔薇の柄をわざと端に寄せて、地紋入りの白っぽい部分を生かした帯なんですけど。
…なんか、半襟が薄いかなあ。

Vfsh5753ではと、別仕立ての半襟をつけてみました。
帯も今頃の季節感なら、これぐらいが可愛いかな~
…な、なんか、半襟だけ、大きすぎる~?
momokoさん、きゃしゃ!
肩のあたりの体型の違いかなぁ…
半襟はもっと薄い素材もあるので、そのうち試してみましょう。

« 「赤毛のアンの翻訳物語」 | トップページ | 「こわれた腕輪 ゲド戦記2」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふだん着物にきがえて:

« 「赤毛のアンの翻訳物語」 | トップページ | 「こわれた腕輪 ゲド戦記2」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ