フォト

おすすめ本

« 「親指のうずき」 | トップページ | 八甲田チーズケーキ »

2008年8月14日 (木)

「ゴールデンスランバー」

伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」新潮社

2008年本屋大賞を受賞したばかりの作品。
直木賞も本命?だったみたいだけど候補を辞退してたんですね。

仙台での凱旋パレードで新首相が暗殺され、犯人に仕立て上げられた青年・青柳が逃げ回ります。
首相公選制があるという架空の設定を取り入れ、いろいろな要素をほどほどに入れて、スリリングで、わかりやすく。
エンタテインメントとして、とても良くできています。

優男だがぱっとしない青柳雅春は、かって恋人の樋口晴子に物足りなく思われて振られていました。
宅配ドライバーの仕事をしている時に、たまたまアイドルの女の子がストーカーに襲われているのを助け、一躍時の人となったことがあります。
そのせいなのかなんなのか、大がかりな陰謀のスケープゴートにされてしまうのですが。
携帯からの発信で居所が知られてしまうような状態をいかに乗り切るか?
陰ながら力を貸す元恋人まで含めて、彼の人柄を信じる何人かの人に助けられ、これまでのすべての経験と人脈を使って対抗し、逃走するのです。

ゴールデンスランバーとは、黄金のまどろみ、といった意味。
もとは子守歌にあるんだけど、ビートルズのナンバーに使われているんですね。
解散が近づく時期にメドレーとして作られた曲の6曲目だとか。

今の時点では一番完成度が高く、伊坂ワールド集大成の感もあり、一般的にオススメでしょう。
初めて読むのにも良いですが~「グラスホッパー」を読んでいれば、なお面白いです。
あの殺し屋たちが登場してますから!
(女性には、これを読んでから「グラスホッパー」の順がよいかも)
国家的陰謀の怖さを感じさせて、重みもありつつ、テンポ良く展開。
ほっと泣き笑いするような結末で、締めくくってくれます。

「このミステリーがすごい!」でも1位に選ばれました。

« 「親指のうずき」 | トップページ | 八甲田チーズケーキ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ゴールデンスランバー」:

« 「親指のうずき」 | トップページ | 八甲田チーズケーキ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ