フォト

おすすめ本

« 「Teen Age」 | トップページ | 「大鴉の啼く冬」 »

2008年5月23日 (金)

枕をめぐる問題

ためしてガッテンという番組で、ちょっと前に、座布団を枕にするのが一番良い、というのをやっていたんです。
使い古して固くなった煎餅座布団の半分ほどに、バスタオルを折って重ね、そこに頭を乗せる。
水平に寝た背中に対して、首の角度は15度上がっているのが、ほとんどの人に合う角度だとか。
枕が平らで固い方が、寝返りを打つ時に良いんだそうです。
柔らかいと、身体を動かしても頭が置いていかれてしまい、そこで首を寝違える、ということが起きる。
確かに、すごく柔らかい枕で寝違えたことはありました!

ただその~私が試したみたら、肩はやや楽になりましたが、首が凝りました。
数日、少しずつタオルの厚さや位置を変えて試したんですが、結局外しました。
私の場合、枕はほとんど無しでタオルだけだったので、高めのを使っている習慣の人とは違うかと。ヨガ的には枕は使わないんで。

先日、同じ番組で、やってみてダメだった人の再検討をやっていました。
その人の場合は、マットレスが柔らかすぎて、腰が沈んでしまうため、首の角度が15度に安定しないのが原因。マットレスを外したら、長年の肩凝りが治ったというんです。
う~ん、マットレスは使ってないけどなあ…
そこでタオルを厚めに出来るだけ四角く枕にしてみたところ、爆睡。お昼まで寝ちゃいました。
そう悪くないかも知れない…?
また昨日は、違う座布団を使ってみています。少し薄目の座布団。ちょっと、首が痛いかなあ…でも前の時ほどではないんですよ。
ものすごい肩凝りなので、少しでも減らせれば…と。
肩凝りの原因は一つや二つではないと思うし、肩の故障も治りきってはいないから、どうかなあ??

[追記]改めて座布団を試してみると、横長でしっかりしているのって、確かに寝返りをうつ時には楽です。
ただ、真上を向いて寝ている時に、やや首が上がりすぎな感じ…これって一番長い間こうやって寝ているわけですよねえ。
うちにある座布団では私には高い、んだと思います。バスタオル無しの座布団はちょっと、嫌だし…
今は、低い枕にバスタオル2枚を横長に重ねた状態で寝ています。まだ試行錯誤中です~。

« 「Teen Age」 | トップページ | 「大鴉の啼く冬」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 枕をめぐる問題:

« 「Teen Age」 | トップページ | 「大鴉の啼く冬」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ