フォト

おすすめ本

« 東京駅の天丼 | トップページ | さくらと木イチゴのケーキ »

2008年4月21日 (月)

「Y氏の終わり」

スカーレット・トマス「Y氏の終わり」早川書房

ミステリ的要素もある途方もないSF、哲学的ファンタジーともいえる展開。気鋭の作家の驚天動地の物語。
他人の思考の中に入り、ついには…という~ジャンルミックスという感じでしょうか。
一番近い雰囲気なのは「数学的にあり得ない」かな~。コニー・ウィリスなども連想させます。

大学院生のアリエルは、指導教官のバーレムが行方不明になったことに戸惑います。
バーレムしか研究していない19世紀の忘れられた作家ルーマスの研究のために、大学に来たばかりだったのです。
しかも、大学の研究棟が地下の構造のために崩落。
研究室が足りなくなったのでシェアすることになり、神学を研究している元神父のアダムという青年と出会います。互いに強い印象を受けるのですが…

古本屋で、もう存在しないと言われたルーマスの奇書「Y氏の終わり」を入手したアリエルは、その本に書かれているとおりにした所、トロポスフィアという異空間に入り、そこから人の思考の中に入り込む事が出来るようになります。
非常に消耗するためなのか、この本を読んだことのある人間は全て死んでいるらしい。バーレム教授もそうなのか?
奇書を狙う謎の2人組に脅かされ、バーレムを探しながら、トロポスフィアの謎を捨て身で解き明かそうとします。
思考とは?異世界があるのなら、この世界とは…?

大学の研究者達や、独り身の私生活の描写がやけにリアル。
不倫の相手とは付き合いながらも、私生活はほとんど研究のために犠牲にしている様子。家族とは疎遠で、同じアパートに住んでいるゲイが唯一の友人らしい。
アインシュタインやハイデッガー、デリダといった名前が飛び交い、かなり難しい面もあって、こちらの知識では追いつけません。それでも、エピソードが面白くて、ぐいぐい読めてしまいます。
鼠の意識の中に入ったり、敵である男の頭の中に入り込んでしまったり、寮で女子高生を探して次々に入ってみたりと、その思考それぞれが生き生きしているのが抱腹絶倒。
表紙が綺麗で、好みだわ~。

« 東京駅の天丼 | トップページ | さくらと木イチゴのケーキ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「Y氏の終わり」:

« 東京駅の天丼 | トップページ | さくらと木イチゴのケーキ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ