フォト

おすすめ本

« ひなたぼっこ | トップページ | 12月のケーキ »

2007年12月10日 (月)

「容疑者Xの献身」

東野圭吾「容疑者Xの献身」文芸春秋

直木賞受賞作で、納得の出来。
ミステリ友達の間でかなり話題になったのだけど、それで読んだ気になって。図書館にリクエストしてしまったので~どれぐらいで来るか楽しみに待って読みました。(ちょっとその前の「白夜行」でくたびれていたから)

子持ちの女性がつきまとう元夫をはからずも殺してしまった時、かねてから好意を寄せていた隣人は…?!
弁当屋に勤めるごく普通の女性にひそかな想いを抱いていたのは、出世の糸口を逸して今はしがない数学教師の石神という男性。
孤独な彼は彼女と付き合いたいとも思わず、アパートの隣人で満足していたのですが、危機に際して彼女を守り抜こうと決意、意表を突いた作戦に出ます。
犯人はわかる形式のミステリなので、このあたりまでは、ネタバレしても良いのかな?

テレビでやっているガリレオが探偵役なので、途中から頭の中で軽快なテーマ曲が聞こえていました。ものすっごく珍しい科学的な実験で解決するような事件ではないんですが。
かっては将来を嘱望された天才肌の学生だった石神と、ガリレオこと湯川は大学の同期で、だからこそ関心を持たれてしまう皮肉。
頭脳の一騎打ちとなるわけです。

アイデアと登場人物がわかりやすく、確かに献身ではあります。
どんでん返しも上手くまとまっていて、こうなるしかなかったかと…後味もまあ良い方。

それでも色々言いたくなる感じも、良~くわかります。
これは愛?こういう男性ってどうなの?女性はどう思っていたのか、これって嬉しい?女性の気持ちとしては…等々(^^;
彼女の幸福だけを願う純粋さにはほろりとしつつも、人間関係を築けない奴だから盲点があったんだなぁというのが私の感想。
それもこれも話題性の高い面白さですね。

« ひなたぼっこ | トップページ | 12月のケーキ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「容疑者Xの献身」:

« ひなたぼっこ | トップページ | 12月のケーキ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ