フォト

おすすめ本

« さつまいものスイーツ | トップページ | 「盾(シールド)」 »

2007年8月14日 (火)

「死神の精度」

伊坂幸太郎「死神の精度」文芸春秋

好評の様子なので読んでみました。
数日後に死ぬ予定の人間のところに死神が調査に来るという設定の短編集。
大抵はそのまま「可」なのだが…「見送り」にした例外のケースとは?

淡々としているが、ちょっとずれているのがチャーミングな死神・千葉が主人公。
人の姿をしていて話も出来るが、言葉のニュアンスまではわかりきれず、殴られても痛みはなく、食べても食べ物の味はわからない。
名前は仮の物だが、全員が地名なんだそうです。
つまり死神といっても絶対的な存在というわけではなくて、外回りする役人のような感じ。街中で時々同僚を見かけて、誰の調査をしているのか推測したり、まれには示し合わせたりもするんですね。
そして皆ミュージックが好きでCDショップの試聴に入り浸るというユーモラスな設定。

あくまで仕事として毎回違う姿で現れ、つかの間、交流して去る。その距離感とそこはかとない触れあいが、なかなか良い感じに描かれています。
あっけなく舞台から去った登場人物が後々になって連関してくるとは…
ちょっと、ぐっと来ますよ。

« さつまいものスイーツ | トップページ | 「盾(シールド)」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「死神の精度」:

« さつまいものスイーツ | トップページ | 「盾(シールド)」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ