フォト

おすすめ本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 冷やし中華の季節 | トップページ | 「そろそろくる」 »

2007年6月 6日 (水)

「キングとジョーカー」

ピーター・ディキンスン「キングとジョーカー」扶桑社

英国では数々の賞を受賞しているピーター・ディキンスン。代表作の一つが復刊されました。
現実とは異なる家系になっている架空の英国王室が舞台という凝った設定。
ビクトリア女王などは同じなのですが、当代の王はビクター2世。
ヒロインはその娘で12歳のルイーズ王女です。

朝食の席で父王(キング)の秘密に突然気づくルイーズ。
一方、王がハムの入っているはずの盆の蓋を取るとそこにはがまガエルが…!?
Xのマークを残す謎の人物ジョーカーのいたずらは次第に悪質になっていき、ついに殺人まで起こります。
巻き込まれたルイーズは次第に核心へと迫っていきます。そこには彼女自身の生き方に関わる謎が…!?

癖のある登場人物達、特に王家の赤ちゃんを11人も面倒見た(今は高齢で寝たきりなのですが)乳母ダーディは宮殿の主のようで印象的です。
細部までリアルで妙に生々しい架空王室…日本と事情は違うけれど実在の王家はさすがにこんな風には書けないでしょうね。
華麗な設定ですが、ミステリとしてはなかなか手堅い印象です。
葛藤しつつ現実を受け入れる少女の心意気は感動的でした。このあたりは「エヴァが目ざめるとき」に通じる所がありますね。

これほどの作品を読むと、生きていて良かったかもと思える~勇気を分けて貰えます。読み応えのある作品でした!

« 冷やし中華の季節 | トップページ | 「そろそろくる」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2532369/71700905

この記事へのトラックバック一覧です: 「キングとジョーカー」:

« 冷やし中華の季節 | トップページ | 「そろそろくる」 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー