フォト

おすすめ本

« 「シェイクスピアを代筆せよ」 | トップページ | 初夏の庭 »

2007年6月 9日 (土)

土壇場の夢

何やら必死な状況に陥っている夢を見ました。
親は急いでどこかへ避難か何かしなければならないらしく、私はスーツケースに荷物を放り込みつつ、兄に猫の世話を頼んでいる…
台所で話しているんだけど、今の家とは違ってたみたい。
でも猫は今の猫。
「とにかく餌だけはあげて、良い子だね~って声かけてね」とか言っている。
そして、となりの敷地に駆けつけると、そこは団地のような大きな建物なんだけど~
一階は広い部屋で、何故か海外へ行くメンバーが集まっている様子。
私は係員に、もう少しだけ荷物を入れたいので、家まで往復する間だけ待ってくれと空同然のスーツケースを見せる。
「もう2、3枚だけ入れてきますから!」と家まで走って戻る。
何しろ、隣なんで…
でも発着所かどこかへ繋がるらしい敷地が広いから、10分はかかる感じ。
スカートもあった方が良いのかしら、速乾性でシワにならないのなんてあったかな…と考え、思いつかないのでスカートは諦める。
生地の厚さが違うのがあったほうが良いわね~速乾性の紺のパンツはジャケットもあったんじゃなかったっけ、あれはどこ??
と~この辺はかなり目が覚めているのに勢いがついていて、あの服はどこ?Gジャンの方が良いかな、しまった、携帯が手元にない!大事な写真はどこ?もっと取りやすい場所においとかないと、などと~ずっと考え続けました。
そして、はっきり目が覚めた後で考えたのは、やはりキャットフードは買い置きをしておかなくては、ということでありました。
……何でこんな夢を見たんでしょうねえ?

しかし、ドタン場って土壇場って書くんですね~忘れてましたわ。
カタカナのイメージがありましたが、それってドタキャンから…?あれも土壇場のキャンセルって意味か~

« 「シェイクスピアを代筆せよ」 | トップページ | 初夏の庭 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土壇場の夢:

« 「シェイクスピアを代筆せよ」 | トップページ | 初夏の庭 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ