フォト

おすすめ本

« ハーフのケーキ3種 | トップページ | 「ゆめつげ」 »

2007年6月13日 (水)

初夏の和菓子

じゃ~ん!
Vfsh3847手前が「初夏」と名付けられている枇杷をかたどったお菓子。
噂の黄身餡です。切ると外側とほとんど同じ色というのもちょっと可愛い~ウズラの卵みたいでもあります。柔らかな食感もgood!
右が「青梅」左が「紫陽花のきんとん」です。
青梅は翡翠のような綺麗な色、中は濃いめの漉し餡で、透けて見えないのが不思議。
紫陽花のきんとんは柔らかな色合いが女性好み?
中の餡も同じようなトーンの薄い色の粒餡という凝りよう~この方が味は甘めです。

去年の今頃は別なお店(花園饅頭)の「青梅」を買っていたようです。
6月後半は鶴屋八幡の「杏」「山百合」「水辺の蛍」を買っていました。あれは見た目が派手で楽しかったな~。
今年も同じなのか、或いは少し趣向を変えるのかしら?買うかどうかはわからないけど、半月毎に変わるので~見に行くのが楽しみです。

« ハーフのケーキ3種 | トップページ | 「ゆめつげ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の和菓子:

« ハーフのケーキ3種 | トップページ | 「ゆめつげ」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ