フォト

おすすめ本

« 「海辺のカフカ」 | トップページ | 「天使の卵」 »

2007年3月16日 (金)

「クリスマス・プレゼント」

ジェフリー・ディーヴァー「クリスマス・プレゼント」文藝春秋

昨年出たディーヴァーの短編集。
「ボーン・コレクター」で始まったシリーズが有名で、あざといまでに話を二転三転させてぐいぐい読ませるエンタテインメント作家です。
初の短編集も「どんでん返し16連発」というコピーに偽りはありません。
一話ずつ読めるので寝る前の読書にも向いています。

ただねえ…
出来の良い短編集って、わりと他の作家のでもオチのある作りになっているから。ディーヴァーならでは、という感じはちょっと薄いのね。
ディーヴァーの本領はこってり書き込んだ長編にあると思います。
感情移入しやすい濃い書き方と一部に冷徹さを感じる構成の鋭さは、長編でやるからこそ光るのでは。
表題作はいつものメンバーが出てくるエピソードで~読者へのクリスマスプレゼントという感じで楽しかったです。

« 「海辺のカフカ」 | トップページ | 「天使の卵」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「クリスマス・プレゼント」:

« 「海辺のカフカ」 | トップページ | 「天使の卵」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ