フォト

おすすめ本

« 紬の帯合わせ・その2 | トップページ | 桜餅と菱餅 »

2007年3月 2日 (金)

紬の帯合わせ・その3

Vfsh3300「着物1枚に帯3本」て言いますからね~3連発!
黒のポリエステル小紋に合わせるために去年買ったリサイクルの京袋帯です。
織り帯ですけど~
この着物と色合いが似ていて、「七緒」のいわゆる、とけとけの(溶け込む)組み合わせが今風でしょ?
細い帯締めは母の古い物です。三部紐ってやつなのかしら?(その辺まだよくわかってません)
帯はVfsh3302半端な長さだけに、柄の出し方は変えられそうです。
こんなシンプルな組み合わせなら、半襟を柄か刺繍にして遊んでも良いかな。

紫の小菊の方を出すのなら、若草色の帯締めはどうでしょう。
Vfsh3304帯締めって面白くて…色はあれこれ持ってるんですよ。
安物ばかりですけどね~これは千円。
う~ん、ちょっと違うな…
…帯揚げを柄物にして帯締めを紫でも良いな…
色合わせ、大好き~。
この着物は帯3本どころか、家中の帯のほとんどを合わせることになると思うんですよ。
テレビドラマでこんな紬を着ているのを見かけて、にまにましています。良くあるタイプって事でしょうけど~4人もいたわ。

« 紬の帯合わせ・その2 | トップページ | 桜餅と菱餅 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紬の帯合わせ・その3:

« 紬の帯合わせ・その2 | トップページ | 桜餅と菱餅 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ