フォト

おすすめ本

« 黒地のポリと京袋帯 | トップページ | 魔法のお部屋? »

2006年12月11日 (月)

NHK杯ペア再放送

見逃したペアの再放送があったので、チェックしました。メモしておきます~。
優勝は中国のベテラン、シェン&ツァオ(日本読みでシンセツ&チョウコウハクの方がお馴染み)。
4年ぶり5度目の優勝だったかな?5年ぶり4度目…?今シーズンで引退とのこと。
昨シーズンの不調を吹き飛ばし、若手に勝利して気分良く終われそうですね。
クラシックに良く合う紫のぼかしの衣装はトービル&ディーンの真似っこのようで~(形は違いますが)ちょっと独創性に欠けるような。誰にでもわかるのだからオマージュでしょうか~それとも、既に定番?

2位は中国の若手~といっても既に優勝してますね。
ダンジャン&ハオジャンという会場アナウンスが聞こえるのと、漢字が出るのと、日本読みでチョウタン&チョウコウと言われるのと3通りでいささか混乱~でもこの組はわかりやすい方です。
丸顔にショートカットの彼女と、赤い縁取りの白い衣装が似合うスポーティな二人、はつらつとしたカップル。

3位はカナダのヴァレリー・マルクー&クレイグ・バンタン。
3年連続カナダではチャンピオンだそうで、3月の世界選手権では5位。年々力をつけてきているようで、赤と白をうまく使った衣装も綺麗。曲調に合っていて好感の持てるスケーティングでした。細かいミスのため中国組には及ばず。
4位は若松詩子&フェクトー。カナダの選手ですが~日系なのかな?[追記:日本人だそうです]
今期で引退とのこと。完全に和服風の衣装、色は綺麗ですが、半襟のうち合わせが逆なんですけど…。曲は中国映画からなので良いのか?

5位はアメリカのジュリア・ヴラソフ&ドリュー・ミーキンズ。
ジュニア選手権で優勝、彼が21歳で彼女は16歳と最年少~まだパンパンで可愛い。斜めに切り替えを入れた黒い衣装。のびのびして芯のしっかりしたスケーティング。
6位はロシアのオベルタス&スラフノフ。
トリノ8位、若手の中では見慣れた顔ですが、ジャンプが不調で残念。ペパーミントグリーンと黄色の衣装。
7位はイギリスのケンプ&キング。
8位はドイツのバルトマン&ジュスト。

ペアはろくに放映がなかったので~あまり見ていないからピンとこないですね。
(というより、元々詳しくないので~ここの昨年からの記事を見てもほとんど記述がなかった…)
結局グランプリ・ファイナルに出るのは…
今回の上位3組と、サフチェンコ&ゾルコーウィ、これはドイツのカップルですね。彼女がロシア系の金髪で彼がちょっとオセロみたいな大男。
それからロシアのおなじみペトロワ&ティホノフ組、アメリカから井上玲奈&ボールドウィン組というメンバーだそうです。

« 黒地のポリと京袋帯 | トップページ | 魔法のお部屋? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK杯ペア再放送:

« 黒地のポリと京袋帯 | トップページ | 魔法のお部屋? »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ