フォト

おすすめ本

« 「知的きもの入門」 | トップページ | ロシア杯始まってました »

2006年11月25日 (土)

白いご飯とぶりの照り焼き

晩ご飯のおかずはぶりの照り焼き。
ちょうど良さそうなのを見つけて買っておいたので~久しぶりだったので作り方はうろ覚えで適当でしたが、結果はオーライでした。
魚料理は親の方が得意なので~私は親が余り作らない中華風や洋風、それも魚以外の物を使った創作料理が多いんです。
味付けも普段はものすごく薄めにしているので、たまに人並みの味にしてみたら好評でした。
ぶり3切れの両面にお酒をふりかけておき、フライパンを熱してからごま油を入れ、ぶりを焼いて、ひっくり返してから~醤油とみりんと水を同量ぐらい(合わせて100ccぐらい)入れたのをかけて煮詰めただけですけどね~。

ご飯が新潟コシヒカリの新米なので、醤油味のぶりにピッタリで美味しかったです。
今年は健康上出来るだけ玄米にしているので新鮮~何て美味しいんでしょうと感激。昔は当たり前に食べていたのにねーっ。
実はちょっと前に余っていた白米を食べたら、これがぱさぱさになっていて、しかも微妙にかぶれくさいという史上サイアクのまずい米…
余りのことに思わず白米を頼んでしまいました。水加減の好みが別れるので4回目にしてやっと家族が満足する出来に…!

晩ご飯はあたたかい物を出すので忙しいから写真を撮る暇がないんですが~好評だったので書いておきます。
先に食べ始めて貰っておいて、おみそ汁を仕上げる状態だから~。
付け合わせは酢の物や前日の煮物~蓮根、ニンジン、あげ、里芋、ごぼう、ちくわ(前日のメインは買ってきた焼き鳥)
おみそ汁は白菜とエリンギと若布とかつお節。味噌は京の白みそ3分の1ぐらいを信州みそと合わせて(最近これにはまっているの~)

« 「知的きもの入門」 | トップページ | ロシア杯始まってました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白いご飯とぶりの照り焼き:

« 「知的きもの入門」 | トップページ | ロシア杯始まってました »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ