フォト

おすすめ本

« 「闇を見つめて」 | トップページ | 松茸入り釜飯 »

2006年11月 6日 (月)

スケカナもシングルのみ

GPシリーズ第2戦、スケートカナダがありました。
男子に高橋クン、女子に村主さんと恩田さんが出場、先週に続いてSP好スタートで期待が集まりました。
結果はフリーで逆転されちゃったんですけどね。
高橋クン、SPの良さが… フリーでちょっとかき消えちゃったですよ…
SPは溌剌としていてのびやか、フリーも演目としては似合うし、ステップなども良かったんですけどね。
男子はSPまさかの7位からランビエールが意地を見せ、女子もロシェットが地元の声援に応えてすごく良いジャンプ。あれじゃ仕方ないでしょう~。

女子はシニア初参戦で注目のキム・ユナがSP1位スタート。
手足が長くて、3回転がおみごと。年の割には大人っぽいんだけど、まだ特に訴えるものがない…
フリーのほうが水の精のようで、個性に合っていたんじゃないかな。

村主さんは1年前の痛々しさとは別人のようで安定した綺麗な線を描き、余裕の演技力。3回転は3種類しかないということですが、ずっと安全策で行くのかしら?
ボレロは良いかも知れない…これから踊り込んで行くにも、ベジャール振り付けで女子が中心になって踊るのとイメージが合うんじゃないかな。
振り付けはズーリンだそうで。
フリーのイメージはシンデレラってのは小柄だからじゃないかな~。けっこう良いとこついてるわ。

恩田ちゃんはSPジャンプの調子が狂ってたけど、「春の海」に乗せた日本的なプログラムの振り付けは悪くないですよ。仕上がりに期待します。
フリーもちょっとぐらつくんだけど、全体的に彼女らしさは十分に出ていて、チャーミングでした。

アメリカでは3連覇しているというウイアー君、なかなか絶好調の試合が見れないなあ。
SPはオールバックで白黒の衣装(これまでより男性的にきりっとということらしいが、去年の荒川さんの衣装に似ている…)
フリーは巻き毛でオリジナル曲「ナザレの子」に合わせたグレーのこれまでにないイメージの衣装で、イメチェンには成功してましたが。
アリッサ・シズニーもプリティプリンセスみたいで可愛いんだけどね~。
今年は妙な衣装がないので居心地が悪い思いをしないで済むだけでも気楽。
昨シーズンはオリンピックできっと意見が集まったのでみんな勉強したのかしら?

しかし、アイスダンスもペアも放映をまったくしないとは、どういうこと!
ひどすぎるわ~。
せめて優勝した組だけでもやるべきでしょう。
BS朝日ではどれぐらいやったのかしら~うちのケーブルでは見られないんですよ。費用をじっと見つめちゃいましたが…う~んう~ん…

« 「闇を見つめて」 | トップページ | 松茸入り釜飯 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スケカナもシングルのみ:

« 「闇を見つめて」 | トップページ | 松茸入り釜飯 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ