フォト

おすすめ本

« ロシア杯始まってました | トップページ | ご近所の晩秋 »

2006年11月27日 (月)

「ふだん着物のたのしみ方」

きくちいま「ふだん着物のたのしみ方」河出書房新社

1年以上前に買った本です~文字通り、ほとんど毎日着物で暮らしている著者がふだんに気軽に着る楽しみを教えてくれます。
着物は前が合わさっていればいい、帯は巻いてあればいい、自己流でも創作といっちゃえばいい、羽織で隠しちゃってもいいし~という豪傑ぶり。
どこに行くにも着物で行くと最初はビックリされるけど、そういう人なんだと思われると今度は洋服だとビックリされたり、そんなもんだとか。

どこに見に行けばいいの?どうしまえばいいの?といった所から素朴な疑問に答えてくれますので、超初心者でも励まされると思います。
着つけの基本と、ふだんに向く帯結びも幾つか載っていますよ。
手ぬぐいを半襟にすると夏は肌触りが良く柄も楽しい物があるとか、ちょっとした細工で帯留めなども作れるとか、そういう遊びも満載。
小物で季節感を出すのはいかにも着物ならではの楽しみですよね~。

その分、礼装の事などはもちろん載っていません。
そちらはまた別な所で勉強した方が良さそうです。

最近、どどどと着物の本は読み返しているところなんです。
いざ実際に着て歩こうとすると、まだわからないことがいっぱいで…
まず安くて気軽に着れる「着倒しきもの」を持っておくこと、というのは今の私にも良いヒントでした。
身近に出しておきましょう~。

« ロシア杯始まってました | トップページ | ご近所の晩秋 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ふだん着物のたのしみ方」:

« ロシア杯始まってました | トップページ | ご近所の晩秋 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ