フォト

おすすめ本

« 「うつもまた楽し」 | トップページ | 白いご飯とぶりの照り焼き »

2006年11月24日 (金)

「知的きもの入門」

森田空美「知的きもの入門」

都会で洋服姿に混じっても悪目立ちせず、品よくすっきり見える着こなしという方針に絞って作られた着物の本。
森田さんはもうカリスマ的存在ですね。
30代以上で、これから大人っぽく質の良い着物を着ていきたい人にはバイブル的な本だと思います。

写真も品が良くて、控えめな色合いが垢抜けた美しさ。
無地感覚の紬などの織りの着物に同系色の帯という組み合わせが中心ですが、何しろ物がよいので存在感があり、風合いにうっとり~着ている人も幸せそう!ですよ。
着つけのコツがとても丁寧に解説してあり、手入れ法やしまい方なども参考になると思います。
何がカッコイイといって、着物の選び方扱い方、こういう判断が出来るというのが素敵!
あ、これが知的ということなのね…と納得。

初心者の一冊目としてはやや難しいかも?
着物全般にわたっての基礎知識というわけではないので~いつかこんな風に着こなせたらという憧れの対象ですね。
無地のベージュなどは誰にでも似合わないことはないし品も良いですが、これがもしちょっと質の落ちる着物に無地っぽい帯や地味な小物だけだと、都心で食事する場合など仲居さんに間違えられる危険があります~。
帯合わせや小物をちょっと華やかにするのはまあ簡単だから、自分でそうすればいいことですけどね?

« 「うつもまた楽し」 | トップページ | 白いご飯とぶりの照り焼き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「知的きもの入門」:

« 「うつもまた楽し」 | トップページ | 白いご飯とぶりの照り焼き »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ