フォト

おすすめ本

« 「エムズワース卿の受難録」 | トップページ | 「ガール」 »

2006年10月29日 (日)

GPシリーズ開幕戦

フィギュアスケートのアメリカ杯がありました。
男子は織田くん、女子はミキちゃんが優勝という快挙にはびっくり。
先日の日米対抗試合でわりあい慣れた雰囲気だったかも知れないし、女子はアメリカで練習していて時差もないから有利ではありましたが(アメリカ人と同じだけど?)。
ばたばたしていて日米対抗も全員の録画を見終わってないんですけど~
織田くんは選曲と衣装はイメージが前と変わっていて、なかなかドラマチックだし、脚も長く見えて良いと思いました。

お姉さんの舞ちゃんも綺麗でしたね。
昔、日本選手は氷の上に立つだけで減点なんじゃ、という話もあったぐらいだったけど~彼女は立つだけでプラスありそう。
少しずつ全体的に上手くなっているので、ランクが上がって花開く日が楽しみです。

真央ちゃんはショートプログラム初披露。
花びらのような淡い色の衣装でイメチェン成功しましたね。
元気いっぱいの15歳の中学生の可愛さから、すんなり手足の伸びた16歳の少女の優美さへ…
氷の上にいるのがいとも自然な軽やかさ、全体にむらのない滑らかさが身上かな。
SPでトップに立ち、無意識に固くなったのかフリーは勢いがなく、まさかのジャンプミス。すっぽぬけたようなのって初めて見たなあ。
でも表情はそんなに暗くなかったのが彼女らしい?こういう事は誰にでもいずれ起きることだから、この経験も役に立つでしょう。

アメリカ期待のエミリー・ヒューズ、去年よりも綺麗になったかなと思ったけど…ジャンプの調子が良くなかったようです。
3月の世界選手権を征した17歳のキミー・マイズナーも本調子ではない様子。
フリーではスピードがあって、腕の動きなどもさすがと思わせました~いつベストの演技を出してくるか、楽しみなような怖いような。

みきちゃんはすっきり身体もつくり、安定したジャンプを仕上げてきて、とても気持ちの良い滑り。
SPはキャンベルで見たブルーの衣装も垢抜けた感じでよく似合ってました。
フリーがね、またまた素晴らしかった。
高いジャンプをばっちり決め、黒と白のゴージャスな衣装を着こなして、ドラマチックなプログラムをしっかり滑りきって上手くまとめ上げました。
モロゾフってば、まったく、個性を生かしたアピールの仕方を心得ているよねえ…
復調を見守ってきたので、嬉しい~。
しかし、オリンピックの転倒シーンを流すのはいい加減に止めてよね。あれもこれも過程で、栄養にもなったと思いますが~
世界選手権まで続くのかと思うとちょっとね。

« 「エムズワース卿の受難録」 | トップページ | 「ガール」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GPシリーズ開幕戦:

« 「エムズワース卿の受難録」 | トップページ | 「ガール」 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ