フォト

おすすめ本

« かぼちゃのムサカでランチ | トップページ | 「素敵なアンティークきもの」 »

2006年9月13日 (水)

「森で昼寝する猫」

リタ・メイ・ブラウン「森で昼寝する猫」ハヤカワ文庫

作者が飼い猫スニーキー・パイと共著で書いているという人を食った体裁で出しているトラ猫ミセス・マーフィーが探偵役のミステリ。これは4作目です。
ヒロインのハリーは田舎町の女性郵便局長。
昼間は郵便局に詰め、朝と晩は自分が育った農場の仕事を愛情込めてやっています。
ハリーはさっぱりした性格で感じが良いのですが、町の主立った面々は強烈で、創作とはいえ田舎町って案外こうなのかしら~などと(他の小説も大抵そうなので)考えてしまいます。

学生時代には仲の良かった3人娘が恋愛問題で対立、元婚約者と現在の夫婦が顔を付き合わせる騒動で町の噂は持ちきり、そんなさなかにコンピュータ・ウィルスが侵入、銀行の口座から大金が消えてしまいます。
放置されたバイクに血が付いていたことをいち早く知った猫たちは騒ぐのですが…!?

賢いトラ猫ミセス・マーフィと相棒の可愛いコーギー犬ティー・タッカーは愛するママ・ハリーのために真相を求めて駆けずり回ります。
ハリーは賢い子たちと言いつつも~まさかここまで意図的とはわかっていないのでした!?
ハリーは浮気性の夫と別れて現在は独身、事件で縁の出来たハンサムな俳優と仲が良く、夫は復縁を望んでいて、両手に花?状態。
それぞれの気持ちがはっきりしますが、どうにもならない~当分これが続くのか!?
猫のリアルな挿絵入りです。もうかなり続きが出ているんじゃないかな~。

« かぼちゃのムサカでランチ | トップページ | 「素敵なアンティークきもの」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「森で昼寝する猫」:

« かぼちゃのムサカでランチ | トップページ | 「素敵なアンティークきもの」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ