フォト

おすすめ本

« にゅうめんで一休み | トップページ | ブルーベリーチーズタルト »

2006年9月27日 (水)

トリビアな犬たち

特集で犬の実験をやっていた所を見ました。

雑種犬が散歩から帰ってきたら、飼い主が見知らぬ血統書付きの犬と仲良くしていた。その時、雑種犬はどうするか?というトリビア(豆知識)
係の人が犬を散歩に連れ出す、この時はみんな知らない人でも抵抗なく「お散歩だ~」って喜んでついていくのね。
30分後に家のすぐ近くでリードを放すと、「たっだいま~」って感じでみんな元気よく走っていきます。
そして「あれえ?」と不審そうな様子になる(一匹だけそのまま走って通りすぎちゃったのがいたけど)

「…帰ってきたんだけど」と戸惑った様子で「その子、誰?」と匂い嗅いだりするのが一番多いかな。
飼い主のまわりを身体をすりつけるように歩いたり、間に割り込んだりするのが可愛い。
果ては「おまえ、何だよっ!」と牙をむき出したり。でも、そこまでやるのは意外と少数派。
戸惑ったまま、少し離れた所で立ち尽くしちゃう子もいますね~なんか、かわいそう…相手が大きな犬だし、飼い主が目もくれないので、ちょっと傷ついちゃったかな?みたいな。

10分で実験は終了。
終わった後も相手の犬を威嚇したり、飼い主に対して拗ねた顔をしていたり、表情豊かでした。
「飼い主の傍に座る」のが一番多いという結果になりました。
「今はお客さんの相手してるけど、もうすぐこっち向いてくれるよね?」みたいな顔で待ってたりして。犬っておっとりしてる~。
相手がレトリーヴァーだからなのかも知れないけど。

面白かったのは飼い主の反応。
焼き餅を焼いてくれれば嬉しい、でなければがっかり、と一様なんです。
気持ちをまだ確かめ切れてない恋人みたいな存在なのかしら?
甘いですね~。

猫だと、こういう実験成り立たないからなぁ…
カメラに撮ることが可能というだけでもうんと数が減っちゃうし。
知らない人がいたら正直な反応は示さないでしょう。
よその猫が縄張りに入ってきた時点で、阿鼻叫喚の騒ぎになる確率高し…(苦笑)

« にゅうめんで一休み | トップページ | ブルーベリーチーズタルト »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トリビアな犬たち:

« にゅうめんで一休み | トップページ | ブルーベリーチーズタルト »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ