フォト

おすすめ本

« 「直線」 | トップページ | 眠い日 »

2006年7月23日 (日)

「ハウルの動く城」

テレビ放映を楽しみに待って、初めて見ました。
宮崎アニメはいつもテレビの初放映を録画して見る、というぐらいにはファン。それ以上のことは特にしないんですが。

前の2作が話題になり過ぎたせいか、これは余り評判を聞きませんでしたね。
千と千尋は日本的なユニークさがあり、色彩豊かで、見ているだけで楽しかったので~原作付きというと、もっと分かり易いファンタジー世界のお話に戻ったのかな?という予想。それはほぼ当たりました。
原作はそんなに分かり易くもないんですけど、確かにアニメ向きな感じはしてました。
ダイアナ・ウィン・ジョーンズはイギリスでは国の宝とまで言われているそうです。

すまファンとしてはキムラ君の声優というのがくすぐったかったです。
丁寧にキャラに合わせて抑え目の発声でした。
ひょろっとした金髪の王子様みたいな絵にかぶると二重写しになってしまってちょっと、(王子様タイプじゃないし)照れくさいような~。
後半、髪の色が変わってからは見た目が本人に似ているので当て書きみたいな… すっかり一体化した印象でした。
ソフィの地味な性格は分かり易かったですけど~外見がずっと90の老婆でも見づらいと思うんですが、ああころころ変わるのもどうなんでしょ?

荒れ地の魔女は原作と違い、妹が魔法に絡むのもないし、サリマンと出会う場所も違うし、とはいえ正確には思い出せないので、こんなんだったかなあと悩みながら見てました。(続編も読んでるので、頭の中で混じってるし)
後半かなり単純になってたわけですが、まあアニメとしては妥当かも知れない…
ダイアナ・ウィン・ジョーンズはもっと大人っぽいんですが、そりゃ時間内におさめる内容として難しいかも。

荒れ地の魔女は面白かったので変えてあってもオーケー。何しろ、美輪さんが素晴らしかったの、どんなシーンもドンぴしゃで、さすがだわ~。
火の悪魔カルシファーも可愛かった!
暖炉やハウルの部屋がイメージ通りで楽しかったです~。
アニメにすると良さそうだと思ってたシーンで、ないのもあったけどね。

« 「直線」 | トップページ | 眠い日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ハウルの動く城」:

« 「直線」 | トップページ | 眠い日 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ