フォト

おすすめ本

« 「現実入門」 | トップページ | 母の紬に私の帯 »

2006年5月 8日 (月)

私の名古屋帯と小紋

お人形のじゃなくて~私の持っている着物です。
まずはVfsh1325ポリエステルの洗える着物。
チョコレートみたいな地色とまばらな花柄、一見してポリとは解りにくい風合いが気に入っています。
着物に興味を持ち始めてから、安い物の中で気に入った品をゲットするのに1年以上かけました!
市販のLサイズでオッケーとわかったのも嬉しかったです。
練習用というか実際に着てるのはこれだけっていう。
Vfsh1327つづきまして~草木染めの名古屋帯。
母の帯は固くて締めにくいので~出来るだけ薄い物を探していて、やっと手に負えそうなのを見つけました。
デパートの骨董市で新品、つまり売れ残り?
着たいと思っている着物全てに合いそうな色なんです。
Vfsh1339こちらは20代に作った小紋。
色は一生物のつもりで選びましたが、けっこう大きめな柄で、何となく昭和的明るさ漂う~ちょっと目立つので着るのに勇気いる!?
袂を長めにしたら、合う襦袢なかったせいもあって、一度も袖を通してなかったんですよ~。今はこのための襦袢(自己責任でゲットした物では一番高いの…)がありますが、それは他の着物には合わない…
着られるうちに、これをちゃんと着たいのも着物の整理に取り組んだ動機の一つです。
着つけ教室でいっぺんだけ着ました(^^)

« 「現実入門」 | トップページ | 母の紬に私の帯 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の名古屋帯と小紋:

« 「現実入門」 | トップページ | 母の紬に私の帯 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ