フォト

おすすめ本

« ナイチンゲールの鳥かごのパン | トップページ | 「真実の帰還」 »

2006年5月12日 (金)

「悪女パズル」

パトリック・クェンティン「悪女パズル」扶桑社ミステリー(文庫)

女優のアイリスとピーター・ダルース大尉の夫婦は、大富豪ロレーヌの邸宅に招待されて休暇を過ごします。
珍しく恋人と長く続いていたロレーヌは、離婚しかかっている女友達3人とその夫を招いて仲直りさせようと計画。ところが、一気に空気は険悪に…
そして、一番の悪女?ドロシーがカジノで突然死したのを皮切りに、次々と危機に見舞われる女性達。
この中の誰が犯人か!?

パトリック・クェンティンとはまた懐かしい名前~でも中学生の頃読んだ時には怖くて気怠いムードの作品が大人向きすぎて、あまり好印象は残りませんでした。
このシリーズはもっと軽快な、推理を楽しむためのミステリといった感じです。
タイプの違う女性達が描き分けられ、ハリウッド女優競演といった趣を楽しめますよ。
次々に殺されていくという話の割には描写が怖くなく、探偵役夫妻の仲が良くて一服の清涼剤となっています。
1945年の作品で、05年10月に本邦初訳。ダルース夫妻のシリーズ4作目。一作目で出会い、その時はメインの探偵は別にいるとのこと。

クェンティンは合作のペンネームだそうですね。そのメンバーが入れ替わっているとは、知りませんでした!
要領よくまとまった後書きで、全体像を初めて知ることが出来ました。

« ナイチンゲールの鳥かごのパン | トップページ | 「真実の帰還」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「悪女パズル」:

« ナイチンゲールの鳥かごのパン | トップページ | 「真実の帰還」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ