フォト

おすすめ本

« トリノの録画に奮闘中 | トップページ | 男子フリー・続き »

2006年2月17日 (金)

トリノ・オリンピック、男子フリー

終わりましたねえ。
実はゆうべから熱を出してまだちょっとふらふらなので、夕方になって上位選手だけ見ました。

SP1位のプルシェンコ、堂々金メダルをもぎ取りました。
あの明るい天才少年が来るべき所まで成長しましたね。
ジャンプを軽々と跳んで着地した時の姿勢に余裕があって、力技の後とは思えないような優雅なポーズが見られました。
前半に大技を詰め込んだプログラムなので、中盤でさすがにスピードが落ちたり、もう終わったような気になってしまうのがちょっとなんですが(^^;

3位から銀メダルに上がったランビエール、転倒した直後にコンビネーションジャンプで取り返す底力は立派。
彼のプログラムは曲もビバルディの「四季」と綺麗で、全体のバランスが良く、衣装も面白くてお気に入り。
おまけにちょっとはらはらするので~退屈しない!?

3位に浮上しましたバトル!
実力としては順当かと思いますが、SPは高橋君の下だったのに。
テレビドラマの隣の男の子みたいな、さわやかな彼。
とても綺麗なスケーティングで、見ていてツボを押されるような心地よさ。ジャンプもくるくるっと軽い軽い。
ロミジュリかと思うような衣装で曲は「サムソンとデリラ」
新境地の感じられるめりはりもあり、自己最高を更新する出来でした。

4位はアメリカのライザチェク。
長身の選手です。そういえばこの人もいたなあ~SPではミスしてたんですね。がーっと上がってきました。

5位が、SP3位から下がって残念のウィアー。
彼らしい滑らかさはありましたが、曲も大人しいし、どことなく精彩がありませんでしたね。
昨シーズンの曲に戻したのは良い時期に滑り込んだプログラムなのでしょうが、静かな曲を演じきるのはけっこう気合いが必要なのではないかな。
終わった後に力尽きたように見えました。

6位はフランスのジュベール、ハリウッド俳優みたいな顔で赤と銀の派手な衣装がウルトラマンか仮面ライダー系に見える…

7位はアメリカのマシュー・サボイ。まだ見ていないので、次の項で(^^;

高橋君は5位から8位に落ちてしまいました。
ステップも一度つまずいたり、どことなくいつもの調子でなかったですね。
スケーティングは速く綺麗で、ロマンチックな音楽を表現する力は日本人では見たことがないぐらいあるんですけどねえ…
それにしても点が低いのではと思ったら~
4回転で転倒したのが回転不足で3回転の転倒と判定され、他に3回転が余分で加点されないのもあったようです。
残念~!

« トリノの録画に奮闘中 | トップページ | 男子フリー・続き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トリノ・オリンピック、男子フリー:

« トリノの録画に奮闘中 | トップページ | 男子フリー・続き »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ