フォト

おすすめ本

« 「駆けぬけて、テッサ!」 | トップページ | 「罪の段階」 »

2005年11月19日 (土)

「時の旅人クレア」

「時の旅人クレア」ダイアナ・ガバルドン(ヴィレッジブックス)

第二次大戦終結直後、二度目の新婚旅行にスコットランドに来ていたクレアは、ストーン・サークルで意識を失い、なんと18世紀にタイムスリップしてしまう。
夫の先祖に当たるそっくりな男に捕らえられ、思いがけないクレアの大冒険が始まります。
従軍看護婦だった経験を生かして助けた若者との間に恋が生まれますが…
この若者が良い奴で(^^)

原題は「Outlander」
あちらで大ヒットしたのもうなずける波乱万丈の物語です。
作者は大学で教えている人で、確かな知識の裏づけがあり描写が詳しい。
その上にロマンス作家顔負けの生々しい感情表現が加わっているのです。
フルコースの後にデザート選び放題といった趣(^^)

「時の旅人」というとアリスン・アトリーの佳作もありましたっけ。
少女が主人公で、古い館内での物語。幻に迷い込むような雰囲気があって、素敵でした。
ゼンゼン趣は違います…(^^;

« 「駆けぬけて、テッサ!」 | トップページ | 「罪の段階」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「時の旅人クレア」:

« 「駆けぬけて、テッサ!」 | トップページ | 「罪の段階」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ