フォト

おすすめ本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年12月16日 (土)

「エチュード春一番 第二曲 三日月のボレロ」

荻原規子「エチュード春一番 第二曲 三日月のボレロ」

エチュード春一番のシリーズ2作目。
女子大生が一人暮らす家に、小犬の姿で神様が現れ‥?

美綾は「モノクロ」と名付けたパピヨンと一緒に、祖母の家に帰省します。
実は八百万の神の一神だというモノクロだが、ふだんは可愛らしい白黒の小犬の姿。
従弟の家庭教師をしている神官の娘・弓月は、きりっとした女性。

美綾たちに、夜の神社を案内するから見に来るように誘います。美綾たちに、夜の神社を案内するから見に来るように誘います。
そこで美綾たちが見たものは?

神社は、神気がある所に人間が勝手に建てたもの、とはモノクロの弁。人間とは桁違いの感覚で物事を捉えている神は、人間のことなどあまり気にしていないのだそう‥?
神さまにも色々なタイプがいるってことらしいですが(笑)

弓月とその友人の飛葉周はちょっとした霊力があり、そういう仲間のネットワークを作ろうとしていました。
美綾はそんな力はないとあっさり断りますが‥
それよりも、特にやりたいことも得意なこともないと、進路に悩んでいる美綾でした。

美綾の悩みはそうそう、この年齢にとっては大問題!
神様が家にいる、ってのも何ですが‥
少しは理解したいという気持ちもあって、民俗学研究会にも所属しています。
そこで、またしても飛葉に出くわし、さらにつきまとわれ‥?

ちょっとこのストーカーめいたの、リアルに嫌なんですけど。
そういえば、一作目の出来事も案外、神様がらみのファンタジー設定ならではというよりも、現実味のある問題でしたっけ。
付き合う人間が増えていく年頃、思わぬ危険もあるよと、教えてくれるような展開ですね。

親友が良い子でよかった~、獣医の川森先生も大活躍。
身近な人にちゃんと話して、大人にも相談すること!
ですね。
どう話が展開していくのでしょうか~楽しみです☆

2017年12月15日 (金)

オールアメリカンと対面する先輩バービー

新入りのオール・アメリカン・バービーさんのところへ、先住バービーさんが歓迎に訪れてます☆
左の金髪がジーナさん、赤毛がサンドラさん。

「よろしくね」
「仲良くしましょ」
DSC_2780.JPG
「わあ、嬉しい~ポピィはハッピーですぅ[揺れるハート]
チアリーダーの先輩か?って感じですね。

この3人、ボディの形は基本同じだと思います。
初期のと同じ、グラマラスなダイナマイトボディ[グッド(上向き矢印)]
ジーナさんは膝が曲がらないので、脚が微妙に細いかも?

膝が曲がる(ベンダブルといいます)二人は、肘に角度がついていて、腕が開くのも同じ。
DSC_2781.JPG
オールアメリカンのほうは、なぜか脚が開いてるんですよね。
サンドラさんは真っ直ぐ立ってれば、ぴたっと閉じてます。

腕が曲がっていると、抱き合うポーズが取りやすいですね。
DSC_2782.JPG
ダンスを踊ってるみたい[るんるん]
オールアメリカンのにっこり笑っているメークは、
1977年から始まった「スーパーモデル・フェイス」というタイプらしいです。
長いこと続いたと思うのですが‥
もしかしたら、大人っぽいサンドラさんよりも製造年は古いかも?
DSC_2783.JPG
メークは全然違いますが‥
頭の形の基本は意外と違わないかも。
「ところで、ポピィって本名なの?」
「ほんとは、ポプシーです」
「‥えっ?」
DSC_2785.JPG
「あ~ら、仲良くていいわねー[わーい(嬉しい顔)]
「ジーナ?!」
デフォのワンピで登場です。
DSC_2787.JPG
「着替えたの~」
「だって、身体の線がわからないっていうから」
「ちょっと二人、真っ直ぐ立ってみて」
ジーナさんは、腕にも角度がついていないし、横に開きません。
ほんとに直立不動になっちゃう。
腕も脚も、前後にしか動かないですね。
靴は色が塗ってあるし‥
DSC_2788.JPG
ウエストは捻れるのと、首の角度を少し変えられます。
ポーズを付けてもこの程度だけど~
決まった?[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

[追記:ジーナさんの秘密
このドール、実はしばらくお蔵入りしておりました。
あまりにも可動性がないので、ボークスのドールとボディを取り替えよう[ひらめき]としたところ‥
ボークスとは首がピッタリ合わず、雰囲気も違和感アリアリで~
しかも戻そうとしたら、どうしても首がはまらないっ‥!?![どんっ(衝撃)]
というわけでして‥[もうやだ~(悲しい顔)]
最近、試しにぐっと力を入れてはめてみたら、何とか首が繋がったんですよ~~[ぴかぴか(新しい)]
首が長いので深くハマってないのかとも思ったけど、他とあまり違わないようです[わーい(嬉しい顔)]]

2017年12月13日 (水)

久しぶりの吉祥寺

久しぶりに、吉祥寺へ出かけました。
DSC_2608.JPG
念入りに駅構内の図を確認~
DSC_2605.JPG
お店の位置も写真に収めて~

駅ビルのキラリナを通り過ぎ~
DSC_2613-1.JPG
クリスマスムードのお店の間を通り抜けて
DSC_2622-1.JPG

目的地の入り口の飾り付けです☆
DSC_2624.JPG

吉祥寺はかっては馴染みのあった街ですが~
だいぶ変わったし、よく知らない方面のお店で、パーティーがあったのです。
郷里へ戻るお友達の東京卒業パーティー。
色々な方面の方が集まったので、さまざまな活躍ぶりと人脈を垣間見ることが出来ました。[ぴかぴか(新しい)]
DSC_2629-1.JPG
お食事はビュッフェ式というか。
これは最初に取り分けて持ってきたもの。
美味しかったですよ[るんるん]
後のは写真撮るの忘れちゃいましたね!よくあること~[ふらふら]

いつもはドッグカフェとして営業しているお店を借り切ってのパーティー。
DSC_2642-1.JPG
愛犬が大人気!
お行儀が良くてフレンドリーな子なので、
私もたっぷりもふもふさせてもらいました。

仮装も可ということだったので、

友達が仮装代わりにと、チェブラーシカを連れてきました。
DSC_2625a.JPG
クリスマス仕様がものすごく似合っているところに
愛情を感じますhappy02

それではと、私は名刺代わりに?この子を連れて~
DSC_2855.JPG
前に着せてあった着物の、帯周りだけ替えました。[ひらめき]
DSC_2861.JPG
店でアップでは撮らなかったので、家での撮影です[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2017年12月10日 (日)

オールアメリカンなバービーの細部

オールアメリカンという名前のバービーさん、記事二つ目です☆
まずは、後ろ姿~
DSC_2755.JPG
たっぷりなプラチナブロンド、長く伸ばしてる印象が強いですが‥

DSC_2756.JPG
上のカールの分量も相当なもの?
あ、ちょっと乱れすぎ~整えて、と。

DSC_2769.JPG
ベストは、真っ赤なリップ、スニーカー、ホットドッグ?とアメリカンな模様入り。
ピンクのトップス、可愛いです。

靴は~
DSC_2753.JPG
限りなく靴カバーに近いアディダス。
白い靴の上に印刷したものをかぶせてあります。
こんなシーンにいそう?
DSC_2771.JPG
ダイナーにでも勤めていそうなアメリカン・ガールでしょ[るんるん]

「ハ~イ![晴れ]
「ハイ! ユー‥」
「ジーナよ、こんにちは」
DSC_2774.JPG
「ハロー、先輩ですね? 会えて嬉しい~わたしはポピィ[かわいい]
「ポピィ? キュートな名前ね」
体型比較のために、ジーナさん登場です。[揺れるハート]

「ちょっと、ジーナ」
「サンドラ?」「Oh~サンドラさん?」
DSC_2776.JPG
「その格好じゃあ、スタイルが似ているの、わからないわよ」
サンドラさん、寒さを顧みず、デフォの服で登場。[exclamation]
体型が似ているの、おわかりでしょうか?
全く同じではないんですけどね~[わーい(嬉しい顔)]

2017年12月 9日 (土)

「夏を殺す少女」

アンドレアス・グルーバー「夏を殺す少女」創元推理文庫

オーストリアのミステリを初めて読みました。
ドイツ語圏で数々の賞を受賞している人気作家のセンセーショナルなヒット作。
アンドレアス・グルーバー日本初紹介です。

オーストリアの若手女性弁護士エヴェリーンは、単なる事故と思われた事件を調べていくうちに、別な事故死現場に同じ少女がいたという不審な事実に気がつきます。
一見、何の関係もなさそうな事件だったが、私立探偵のパトリックと共に調べていくと‥?

一方、ドイツでは、ライプツィヒ警察の刑事ヴァルターが病院での不審死の調査を始めていました。
中年のヴァルターは、5年前に妻をなくして幼い娘を育てるために、定時に帰れる地方警察の仕事に移った男。
ドイツでも警察官の間で格差があるらしく、州刑事局の若造に軽く扱われたりするが、実は殺人事件の捜査経験も豊富で、粘り強く仕事ができるプロなのだ(笑)

二人の捜査が交錯する時、事件の全容がしだいに明らかに。
背景はヨーロッパ的な陰惨さを感じさせますが‥
テンポよく場面が変わる展開で、意外性もあって読ませます。
若々しいエヴェリーンの勇気ある行動と、しぶといヴァルターの地道な捜査が効果をあげていくのが小気味いい。
それぞれに胸に秘めた過去がある二人。
悲痛な思いを乗り越えていくところも、読む者に希望を与えてくれます。

2017年12月 8日 (金)

オールアメリカンなバービー

これは何でしょう?
DSC_2733.JPG
友達からの、いただきものです☆

箱の裏です~
DSC_2736.JPG
「オールアメリカンバービー」という商品名。

オールアメリカンって、どういう意味なのかな。
アディダスと提携してるみたいだけど~
貰い物だったらしく、ご本人も記憶に無いという‥
個人からではなく福引の景品とか何かそんなようなものだったのではないかと?

外箱から出しました。
DSC_2739.JPG
丸いお目々の可愛いタイプのバービーさん[かわいい]
このタイプは持ってないので、嬉しい![グッド(上向き矢印)]
DSC_2741.JPG
おまけみたいな紙が‥

一度は誰かが箱を開けてみたらしく、貼り直してあるんです。

拘束はとかれていませんでした。
DSC_2744.JPG
これ、髪がミシンで縫い付けてあるやつかしら?[もうやだ~(悲しい顔)]
あ、違う~よかった!
ずるずる引っ張れば、抜けるようです[ひらめき]
髪は細くて、ほわほわ[かわいい]
DSC_2746.JPG
解放[exclamation]

DSC_2747.JPG
横から見たところ。体型はサンドラさんと一緒かな?たぶん[いい気分(温泉)]
DSC_2751.JPG
確かに、アメリカ~ン!な感じ[るんるん][ぴかぴか(新しい)]

2017年12月 6日 (水)

朱い実、紅い実、黄色い葉

うちの庭の千両が色づきました。
11月半ばまでは、山吹色から朱色へ変わっていく感じ。
DSC_2240.JPG
あまり多いので、少し切りました。

Dsc_2298_2 家の中にざっと生けたのがこちら。
なんだか、お正月みたいだけど~
大抵、お正月までは、実がもたないんですよ。
Dsc_2551 残った方の12月の様子です。
だいぶ、実の色が濃くなってきてます。

葉っぱが鮮やかな紅葉になっているのもあります。
南天が何本あるんだか、っていう~状態なので、少し剪定しました。

あ、蝉の抜け殻がまだこんなところにー!
わかりますか?




Dsc_2239 南天は、あっちでもこっちでも実がついています。
南天と千両に囲まれた木が、山茶花なんですが~
ほとんど蕾もついていなくて‥
たぶん、栄養吸い取られてる?

Dsc_2237 葉っぱが鮮やかな紅葉になっているのもあります。
南天が何本あるんだか、っていう~状態なので、少し剪定しました。

Dsc_2553
ドウダンツツジは赤と黄色が混じってます。

下の方の緑色はサツキ、これも少し黄葉?
黄色がかっています。




DSC_2562.JPG
マルバシャリンバイの奥の黄色い葉っぱは、紫陽花です。
紫陽花も、意外と~色んな表情を楽しめます。

2017年12月 3日 (日)

マンゴー色スカートに濃色ジャケットで着映えるmomoko

momokoのハピサマさん「お約束ハッピーサマー」さんの続きです。

マンゴー色の丸みのあるスカートが気に入っちゃって~
DSC_2364.JPG
同系色のトップスと赤い帽子なら、こんなバッグかな[かわいい]

一転して~
DSC_2525.JPG
黒いボレロでイメチェンです。
瑛美ちゃんが、グリーン系のセットの上に着ていたもの。

うちでの名前は夏姫(なつき)ちゃん。
春海ちゃんに続いてお迎えしたmomokoさん二人目でしたね[るんるん]DSC_2526.JPG
「バッグはどれかしら」
「それがいいんじゃない。黒と合わせるときつめだから、シンプルな方が」
と、フローラさん。
DSC_2527.JPG

「あと、これは? 仕上がったばかりよ[グッド(上向き矢印)]
DSC_2529.JPG
「わあ!」

前に登場した2着のブレサーコートと同じ型紙です。
DSC_2532.JPG
色は臙脂というか、ボルドー?
(エンジという漢字が難しすぎてね[あせあせ(飛び散る汗)]
襟を大きめに折り、ノーボタンで[ひらめき]
DSC_2533.JPG
色合わせが難しいな‥
スカートとブーツ、髪型はそのままで、そこまで変わるか?みたいな。
DSC_2535.JPG
ちょっとカラーブロック的に~暖色系で[揺れるハート]
ほんとにカラーブロックにするんだったら、青い帽子とかにするとこですけど[るんるん]

「カラーブロック」って言葉、ご存知ですか?
色を区分けする、という意味で、最近の流行のひとつ。
はっきりした色を3色とか5色とか多めに使って、ポップであか抜けた感じに作る着こなしのことです‥
というのは、私の解釈ですが[ふらふら]
暗い色やナチュラルな色が長く流行ってきたから、そろそろ、そういう傾向も出てるのかな[るんるん]

2017年12月 2日 (土)

「つまをめとらば」

青山文平「つまをめとらば」文藝春秋

第154回直木賞受賞作。
なめらかな文章で時代小説にしてはとても読みやすく、さわやかな印象。
下級の武士たちの様々な生き方が取り上げられているのが面白い。
女性との関わりが重要な物語ですが、「女は怖い」という話ばかりかと思ったら、そうでもないのが良かったです。

『つまをめとらば』
本家の男は、才色兼備と評判の美女・世津を妻にする。
分家の男は見合いで地味な結婚をして、無事に暮らしていましたが‥
本家では緊迫した事態に。
美男美女なら幸福になれるわけではないという。
武家でなければ、こんな立場にはならずに済むのに。

『つゆかせぎ』
旗本の家侍をしている男は、武家奉公に上がっていた芝居茶屋の娘・朋を妻にします。
俳諧の才で夫は出世すると見込まれたらしいが‥?
妻のほうが才覚を発揮して、どんどん綺麗になっていくたくましさ。

『乳付』
望まれて旗本の妻になった民江。夫は優しいが家格の違いが気になっていました。
初産で乳が出なかったため、遠縁の女性が乳付けにやってくる。自分よりも家柄に馴染んでいるようにみえる美しい彼女に嫉妬する妻。
可愛らしい女性で、夫にも家族にもちゃんと認められているとわかります。

『ひと夏』
飛び地となっている難しい土地へ派遣された武士。
百姓から無視されてしまう事情があるのだが、剣の腕を発揮する機会が訪れます。

『逢対』
若年寄の元へ毎朝通う武士たち。
無役の侍が出仕を願い出る場なんて、あったんですね。
自ら通いつめて仕事探しとは、当時もキビシイご時世だった。
持っていた刀を理由に仕官できそうになった男が選んだ道は‥

『つまをめとらば』
老いた男二人が何となく一緒に暮すようになった話。
それぞれかっては結婚もしたが今は独り身の幼馴染。
同じ敷地に住むことになり、案外居心地がいいと思っていましたが、因縁ある女性が現れ‥?
とぼけた味わい。

武士といっても下級だと、収入は少なく、身分違いの結婚もしばしば。
運(女運?)と己の決心次第で、身分も人生も違ってしまうんですね。
サラリーマンに通じるような哀感と、江戸時代ならではの具体的な状況が興味深く、面白く読めました☆

2017年12月 1日 (金)

野菜とチキンの玉ねぎ鍋定食

大戸屋さんの冬メニューです☆Dsc_2176
「たっぷり野菜とチキンの玉ねぎ鍋定食」
Dsc_2177
この黄色っぽい丸いのは、煮えた玉ねぎにチーズがかかってるのです。
あれ、玉ねぎ鍋と言う割には、玉ねぎこれだけ?
もっと全体に入ってるのかと思ったら~
スープを飲んで納得。
玉ねぎの甘味が染み渡るような~
オニオンスープみたいなお鍋の汁でした。
あったまりますね!
ご飯はたいてい、五穀米の普通盛り。
Dsc_2178_2
この「ごまめしお」というのも好きです。
前にもらっていた無料クーポン、1枚ずつ使えます。
このときは、「大根おろし」にしました~
Dsc_2180_2

美味しかったですよ[かわいい]

順調にアップできるようになった!とほっとしていたらまた謎の現象が‥
コピペがやりにくくなってしまって‥な、なぜ???

↓メニューはこちらです
DSC_2173.JPG

«マンゴー色スカートを着こなすハピサマmomoko

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー