フォト

おすすめ本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2018年5月27日 (日)

バービーBFケンとエドワード

バービーの公式ボーイフレンド、ケンの登場です。

Dsc_4920
公式といっても、外見は一つじゃなくて色んなドールがいるんですが。
あ、初期は同じ顔だったかも?
Dsc_4918
「やっぱり、この服は俺に似合うよな~」
Dsc_4922
昔に比べれば、ハンサムになった?ケン。
これはベーシックスというシリーズの中の一体で、
わりとオーソドックスなタイプかと。
Dsc_4923
この角度がハンサムかな。lovely
「おい!」
「‥え?」
Dsc_4930
「ケン、っこにいたか」
Dsc_4927
「うわっ、エドワード?」
(ま、まずい‥)
Dsc_4933
急に及び腰のケン。
「どういうつもりなんだよ、また勝手に俺の服を着て」
「ま、まあまあ、エドワード」
Dsc_4931
エドワードはバービーのボーイフレンドというわけではなく、
同じマテル社のドールですが~
映画「トワイライト」のエドワードのドールです。
あんまり俳優には似ていないんですけどね。coldsweats01

2018年5月26日 (土)

「新しい道徳」

北野武「新しい道徳」幻冬舎

たけしの新・道徳論。
小学校で「道徳」が正課になり、成績がつけられるようになることになったために今(というか発行時)、考察した内容です。
いつものたけしのおしゃべり口調なので、読みやすい。

道徳とは、自分で考えるもの、というのが基本的な主張。
子供に教えるべきなのは、シンプルなことだけでいい。
自分で考える力をつけさせることだと。
主張といっても、経験談をたくさんまじえて、さばさばと語られます。

小学1年生の教科書に「自分を見つめる」とあるそう。
これは‥ツッコミどころ満載と言われても仕方ないですね。
老人に席を譲ると気持ちがいい、といった例が挙げられているらしい‥
う~ん、まあ、そういったところなんでしょうか。

いいことをすると気持ちがいいのはなぜか?
人間は集団で生きるものだから、おそらく何万年も前からそういう気持ちは育まれているのでは、と。

芸人の世界では挨拶と礼儀が大事で、先にこの世界に入った人は先輩として立てる、これだけは教えるそう。
成功する人はみな挨拶はきちんとするし、人当たりも良い。
向上心があれば、必ずそうなる、という言葉に、さすが長いキャリアだけあって説得力があるなと感じました。

道徳を教えないと世の中が乱れる、今の若い者はなってない、といった考えもあるが、それはちょっと違うのではないか。
今の日本の若者は、昔の日本人以上にある意味よほど真面目で、世界でも珍しいほど犯罪発生率が少ないのだという事実がある。
そうそう、そうなんですよね。

日本人には宗教の裏付けがないから、弱いところもある。
ただし、それは長所にもなり得る。
寛容に受け入れ、お祭りなどの楽しみは増やして、共存して生きていけるという。

道徳というか社会の価値観は時代によって変わるもの。
変わってしまうものだということ。
細かく教えて試験をして成績をつければ、大人が喜ぶこまっしゃくれた回答をする子供が増えるだけなのでは、と。まさかそういう、大人の言うことを聞く子供を増やしたいわけじゃないでしょうね?と。
これは皮肉か疑念か。
当たっているかもしれませんね。

道徳について考える時間を持つのは悪いことではないだろうし、情報は学校からだけ入るのではないから~
考える子供は考える、と思いますけどね!(笑)

2018年5月25日 (金)

ご近所の花たち

ご近所の花たちです~

5月は、薔薇が楽しみ!
そして、それだけじゃない花盛りが何より嬉しい~
Dsc_4613
白いバラが咲き始める‥
そして、赤いバラも‥
Dsc_4603
おやこれは何?
Dsc_4604
Dsc_4608
これはビオラですよね。
変わった色だけど~
Dsc_4607
これもビオラ?
Dsc_4601
あれ、これも知らないような‥
Dsc_4596
ピンクのバラは可愛い!
Dsc_4599
子供の頃憧れたケーキの薔薇みたい
Dsc_4870
これはアザレアかな?
Dsc_4648
つるバラも花盛り!

2018年5月23日 (水)

ヴィクトリアン・バービーさんの待ち人は

ひとり、ソファで過ごすヴィクトリアン・バービーさん。
うちでの名前はそういえば書いてませんでしたが~
ヴィクトリア・ユージェニーさんです☆

「懐かしいアルバムでも眺めようかしら」
Dsc_4900
静かで優雅なくつろぎのひととき?
「え?」
Dsc_4904
「お届け物ですって」
「まあ‥」
Dsc_4906
「贈り物だけで伝言もないなんて、どういうことかしら」
Dsc_4907
「でも素敵。わたしの好みを考えてくれたということよね」
「‥‥‥」
Dsc_4893
「いらっしゃらないわねえ‥ 形だけだったのかしら」

Dsc_4909
「‥今日はもう来ないということね」
Dsc_4913
「こんな日もあるわ。もう休みましょうか」
「‥え? いらした?」
Dsc_4733
というわけで[揺れるハート][ぴかぴか(新しい)]

2018年5月21日 (月)

「過去を殺した女」

エルスベツ・イーホルム「過去を殺した女」創元推理文庫

デンマークのミステリ。
新聞記者ディクテ・スヴェンスンのシリーズ2作目。
内容がぐっと重くなり、ライトなミステリではなくなっていました。

ディクテの隣家で留守中に火事が発生、飛び起きたディクテは馬小屋から馬を助け出すのに奮闘します。
この夜、実は別に事件も起きていました。

1作目の事件解決に寄与したディクテは、一躍、有名人になっています。そのおかげで、プライバシーを暴かれるという羽目に。
事件を担当した警官のジョン・ガードナーの視点からも描かれます。
ディクテはガードナーにコネがあると思われていますが、ないこともないけど、壁もあるという(笑)

アラフォーでバツイチのディクテは、動物好きで感じのいい女性ですが~何かと振り回され気味?
カメラマンで年下の恋人ボーとの付き合いは、波乱含みで、ごたごたと慌ただしい。
離婚の傷もまだ癒えないうちに、娘のローセは年頃になって恋人が出来、早くも彼と暮らすことを考えています。
子離れしなくては思いつつ、寂しさに悩むディクテ。
実は彼女も10代で家を出ていて、それには深刻ないきさつがあったのですが‥

身近な人達との微妙な緊張やすれ違いが細やかに描かれていて、とてもリアル。
ディクテが、何だか酷い目に遭い過ぎな気もしてきますが。
いや、隣人のほうが辛いか‥
ミステリとしては一番重いタイプというほどではなく、北欧ミステリとしては普通かも?
日常感覚がありあり描かれているため、普通の人が巻き込まれるにしては酷、という感じになるのでは。
いやこれは、かなり筆力あるってことですよ!
親友がディクテを語るあたり、ちょっと深いです。

主人公たちの成長も描いていく、このシリーズ。
あちらではもう9作出ているとのこと、翻訳発行をお待ちしてます。

2018年5月20日 (日)

誕生日のケーキ

これは何でしょう?
Dsc_4710
素敵な蓋を開けて、箱の中から出しましょう。
Dsc_4711

FUJIUのケーキです!
ショートケーキは、てっぺんの苺がちょっと転がったようですが‥
中も美味しいイチゴが入ってます[揺れるハート]

兄夫婦が届けてくれました。

誕生日当日、兄から電話があり、「これからちょっと寄るから」と。[グッド(上向き矢印)]
Dsc_4717
右のシュークリーム。
中は濃いカスタードクリームです[るんるん]

左のは食べたことがなかったです。
Dsc_4719
すごく柔らかくて傾きかかっています。
中にアプリコットのゼリーが層になっていました。
ババロアみたいなものかと。[ひらめき]
コーヒーもくれました。
前に会った時に、コーヒーはどんなのを飲んでいるか聞いたからでしょう。
私は紅茶党なので(緑茶も好き)、
普段は家にはコーヒーを置いてないのです。
ちょっと前に友だちにもらったのが美味しかったんですが、
それ近所には売ってないので‥
美味しくいただいてますよhappy01

2018年5月19日 (土)

「赤ん坊は川を流れる」

エルスベツ・イーホルム「赤ん坊は川を流れる」創元推理文庫

まだ珍しい?デンマークのミステリ。
タイトルがちょっと怖いかも‥と敬遠していましたが、内容はライトミステリでした。

女性新聞記者のディクテは、アラフォー。
離婚して、学生時代を過ごしたオーフスに引っ越してきました。
親友二人と川辺のテラスで再出発を祝っていたら、川を流れてきたものが‥?

オーフスは首都コペンハーゲンに次ぐ第二の都市で、大きな大学があるのだそうです。
第二といっても規模はだいぶ小さいので、首都にはコンプレックスがあるんだとか後書きにありました。
ディクテも、新聞社の支社に異動、本社から見れば都落ち?ですが~
新しい出会いもあります。

親友のイーダ・マリーは、スウェーデン系の金髪美人で妊娠中。
もう一人の親友アネは看護師で、アジアからの養子。
ディクテの元夫は魅力的な男性だが、一癖ある人物なよう。
ディクテの娘で思春期のローセは環境の変化に戸惑いつつも、しっかりしてます(笑)

リアルな背景を描きつつ、事件に巻き込まれた女性3人の思わぬ惑いの時期を描いて、スリルもあります。
ディクテという名前が珍しいですが、ベネディクテの略のよう。ベネディクトという男性名なら英語圏でもありますね。
なかなか有能かつ気取らない、感じの良いヒロインなので、翻訳が続けばいいなと思います。

2018年5月18日 (金)

ヴィクトリアンなバービーの細部

「ヴィクトリアン・バービー」というコレクター向けラインのバービーさんです。

続きはまず、後ろ姿から~
Dsc_4736
縦ロールに目を奪われますが~
この色のガウンも素敵でございましょ。
Dsc_4738
こういうヘアスタイル、19世紀には実際にあったと思います。
髪の量が多いですね~。
Dsc_4733
ガウンのリボンを解いたところ。

Dsc_4739
下はノースリーブのドレスです。
これは、若いレディが家で着ているようなお洋服なんじゃないかな。
べアさんもナイトキャップかぶっていることだし。
外出着なら、ウエストをコルセットでもっと締め上げるはず‥
横から~
Dsc_4743
この角度もエレガントな髪型。
Dsc_4742
くまさんは、「セドリック・ベア」と箱の裏に書いてありました。
いわゆるテディベアというのの、走り?
頭の上にもこのような‥
Dsc_4744
優雅なヘアスタイルです。
靴はこういう~
Dsc_4751
バラの花の着いたハイヒール。
このドールはいぜん、吉祥寺のユザワヤで一目惚れしました。
その時は買いませんでしたけど~
頭から離れず、ついに‥ゲットした思い出の品ですhappy02

2018年5月16日 (水)

ヴィクトリアンなバービーはバースデー

これは何でしょう?

Dsc_4722
もしかしたら~
見覚えある方いらっしゃるかも?
Dsc_4723
箱の裏の説明です。
読んだことないけど‥
「ヴィクトリアン・バービー」さんです。
Dsc_4724
英国のヴィクトリア女王の時代をイメージしたバービーですね。
Dsc_4729
一目惚れでした‥heart02
Dsc_4731
十ン年前のバースデーに、清水の舞台から飛び降りるつもりでゲット。
Dsc_4730
自分へのプレゼントとして。

Dsc_4728
顔立ちといい衣装といい、髪型といい‥
あまりにも好みだったので。
おとなになってからドールに嵌った主な原因の一つです。happy01

2018年5月13日 (日)

銀座でクレープのオフ会

一週間前のことです~

Dsc_4556
ここはどこでしょう?
目的のお店はこちら。
Dsc_4561
店の前の看板。
Dsc_4562
まずは、飲み物‥
Dsc_4569
ノンアルコールのアップル炭酸ジュースです。
お食事は~まずは前菜のサラダから。
Dsc_4570
ここのサラダ美味しいんですよ!

そば粉のガレット。
Dsc_4573
マレシェールというのにしました。
いろいろな野菜が入っていて、食べごたえありますよ。
デザートとして、小麦粉のクレープ。
Dsc_4578
洋梨にチョコレートという大好きな組み合わせ!
美味しかったです。
紅茶も注文~
Dsc_4580
マリアージュ・フレールのマルコポーロです。

クレープシュゼットにした友達のは、
Dsc_4577
フランベするタイプ。
炎が上がってるのを撮ろうとしたけど、写ってない‥

«「去就 隠蔽捜査6」

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー